腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu
こんにちは。




最近、かなり忙しくしていまして、ブログ更新がご無沙汰でした。




神戸市北区にある、体の歪みを科学する治療院、もみの木治療院です。





当院は民間の医療なので、レントゲンやMRIのような検査機器はございません。





ですので、いろんな検査を駆使して患者さんの状態を把握します。





その中でも特に重要視しているのが、神経診察です。





神経学の中の一つに、「機能神経学」という分野があります。




日本では国家資格である鍼灸や柔整にもまだまだ取り入れられていない分野ですが、海外では徒手医学に取り入れられています。




Functional Neurologyと言います。


a0070928_17291547.jpg

上はランディ先生の著書です。素晴らしい内容ですので、施術家なら一読したいところです。




a0070928_17342088.jpg



この書物の中でこのような記載があります。


a0070928_17343674.jpg


ここには興味深いことが書かれているのです。






たとえば、腰痛や、腰か臀部から脚にかけて症状がある方が病院や接骨院などに行くと必ず検査をされると思います。





前屈や後屈などの動きの検査。


a0070928_17454761.jpg


SLR(仰向けで脚をまっすぐに持ち上げる)などの徒手検査。

a0070928_17473488.jpg


足首を挙げたり下げたりする筋力検査。




スネや足の甲・裏あたりを軽く触れたり、鋭利なものでチクチクしたりする触覚検査。

a0070928_17495499.jpg


いろんな検査がありますね。




しかし、たとえこれらの検査をしても、分からないことがあります。




というのは、触覚一つとっても、神経線維の違いにより、感じ方が変わるからです。太いのから細いのまで、神経線維はそれぞれ特徴があるからですね。




さらに、触圧覚でも、the myelinated fiber(有髄)もあれば、the unmyelinated fiber(無髄)もあります。

a0070928_17172100.jpg

上の絵は神経伝導の時間で、どちらが速いかという説明の図です。





これは国家試験の生理学でもよく出てくる基本事項です。





この速い遅いの線維で、圧迫を受けた時、影響を受けやすい、受けにくいがあるのです。





伝導が速い、太い線維のほうが圧迫の影響を受けやすいのです。




ですから、痛覚、触感覚(the unmyelinated C fiber)は障害を受けていないが、振動覚(the myelinated A fiber, especially Pacinian corpuscles)は損傷を受けていることがあります。





触られたら分かるけど、振動が鈍いということになるのです。痛覚検査と触った感じだけの検査をして、大丈夫と誤診されやすいのです。





このように、感覚は感覚でも触った感じだけを見て、大丈夫ですねと言われて、痛み止めだけ飲んだり、歪んでいると言われて骨盤矯正、筋肉が硬いからですよと指圧などを受けていると次第に痛みが悪化するようなことになりかねないのです。





神経線維でもどこまでがやられているのか、、、。





そして次に、どの場所がやられているのか、振動覚の低下が始まる境界線を探すことになるのです。





このような診方をして、施術計画を立てていきます。





当院では神経を重要視して、初診では時間を取って状態把握を行います。骨盤が歪んでいるだとか、筋肉が弱い硬いとか、そんな見方だけで決めることはありません。




もし、治りが悪い方がいらしたら、一度ご相談ください。





[PR]
# by firtreeSeikotsu | 2017-07-23 17:40 | 施術