腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

毎回来るたびに痛みがなくなりました! ~14歳女性 シンスプリント~

こんにちは。




夏真っ盛り! みなさんスポーツの季節ですね。




神戸市北区にある、体の歪みを科学する治療院、もみの木治療院です。




14歳の女の子が「すねの痛み」で悩んでいました。



a0070928_09213026.jpg



(続きは下)
a0070928_00033381.jpg


この業界に入って驚くことがあります。




それは、患者さんが痛みが出て医療機関に行ったとき、不満を持って帰らざるをえない時が多いことです。




整形外科では、診断はするけれど湿布と部活を休めと言われるだけ。なかなか治らない。




接骨院、整骨院では整形外科よりは何かしてくれるような感じんがするけど、痛みの原因はスポーツの負担だというだけ。なかなか治らない。




これで不満がつのるわけです。




さて、外傷と障害。




この違いを医療機関が理解していないと、患者さんがガックリさせられてしまうのです。




なぜか?




外傷(足首の捻挫など1回で起こるケガ)は休めばある程度は治ります。





しかし、障害(テニス肘などのスポーツの練習などで同じ動作の繰り返しで起こる機械的ストレス性の痛み)は休んでマシになっても、またそのスポーツ動作を繰り返すことで痛みが出ます。休むだけでは治っていないのです。





この二つを同じように、スポーツを休んでストレッチ程度の処置しかないと、患者さんはガックリすることになります。




「外傷」ならばまだしも、「障害」は休んでもスポーツに復帰するとまた痛みが出てしまうことが多いのです。




しばらく休んでスポーツに復帰したところで、また痛みの原因となる外力を痛いところに加え続けるからです。




外傷は一回の大きな外力で怪我をすることです。同じことをまたしない限り、治るのは当たり前です。




しかし、スポーツで繰り返し繰り返し、小さな外力を加え続けた結果、起こるのが障害であり、スポーツに復帰するとぶり返すのは当然ですね。




そこで、このメカニズムを理解せずに、休むというような処置が中心では、外傷はよくても障害は治りません。





そこで、そもそもなぜ障害が起こったのか、、、





もちろん、体の限界を超えた練習はそもそも何をしたところで、練習量を減らさないといけません。




ところが、それほど練習量は多くないのに、また他のメンバーは痛くないのになぜ自分だけ痛くなるのでしょうか?




スイング時に、体がしっかり回っていますか?




投球時に、しっかり体のラインが取れていますか?




運動時にこういう合理的、効率的なメカニズムから体が逸脱すると、ストレスがかかっているところに局部的な痛みとして出てきます。




よくある失敗の治療とは、この痛みのところに処置を施すことです。膝なら膝、肩なら肩、スネならスネというように。結果的に痛みが出ているところだけに処置をしても、治らないのはみなさんお分かりですね。




たとえば、サッカー選手でよくある太ももの内側が痛くなるスポーツ障害。





このとき、太ももの内側は硬くなります。よくある処置は、『内転筋が硬い』と言って、太ももの内側をマッサージ、ストレッチ、電気を当てるなどと、その場所だけに施す治療です。なんとなく良くなった気になるでしょう。




でも、本当の治療は、なぜ内転筋が硬くなるのか?を解明していくことです。もちろん、使い過ぎという安易な言い訳はしません。






では、どうすればスポーツ障害が良くなるのでしょうか?





それは、スポーツの時の動きにある合理的、効率的なメカニズムから逸脱しているところを見つけ出し改善しなければ、本当の意味でスポーツ障害は良くなりにくいのです。




バランス検査、筋力検査、ROM検査、動作分析などを通して、逸脱しているところを見つけ出します。




残念ながら、このような手厚い治療は健康保険では全くカバーされていません。そもそも、健康保険は外傷適応なので、休んだらある程度治るタイプの外傷なのです。その外傷の手当ての分しか、カバーされていません。




もちろん、健康保険がスポーツ障害にも適応になる整形外科でも、上に書いてあるような細かな分析からの治療はカバーされていません。健康保険は安いので、無理なのです。





当院にも、スポーツ障害なのに、健康保険が使えると思っていらっしゃる方がまだまだ多くいらっしゃいます。当院はスポーツ障害を、外傷にすり替えて保険を不正に請求することはありません。そんなことをしたところで、治らないのは以上の説明から明らかです。






しかし、当院は治療院という性質上、障害の方が多くいらっしゃいます。




整形外科や病院へ行ったけれど、なかなかよくならない、むしろ悪化した、というような不満を抱えていらっしゃいます。




それは、健康保険が安すぎるからちゃんとできない、または「障害」に「外傷」の処置をしている、または医療機関自体がどう治療していいかわからないからなのです。





「外傷」には外傷、「障害」には障害の処置をしなければ、ちゃんと治りませんよ、当然。





今回の女の子はシンスプリント、これもれっきとした「障害」です。




ですので、休む&ストレッチ&テーピングのような処置では、なかなか治らないのです。




a0070928_09221113.jpg
シンスプリント

私はすねの内側に痛みが出て、別の病院でシンスプリントと診断されて、そこでリハビリを受けていました。だけど、痛みはおさまることなく、どんどん増えていきました。早く治したいと思い、ネットを調べていると、父がもみの木を見つけてくれました。そこに書いてある経験談を読み、行きたいと思い、受診しました。そこからは毎回行くたびに痛みがなくなるので、もみの木に通うことが楽しみになっていました。また、体のバランスや走り方、ケガの防止まで教えて下さったので感謝しています。ありがとうございました。





医療や治療は全力で取り組むものです。





なぜなら、患者さんの人生がかかっているからです。





もし、この子がスポーツを断念しなければいけなかったら、、、その後の人生でチャレンジすることをやめるかもしれない。





自分の人生の主役は自分なのに、その主役が痛みで脇役に、、、。





そんな人生だけは歩んでほしくないのです。





ですから、なぜこの子の痛みが取れないのだろうか?





当院は真剣に考えて、一人一人治療にあたっています。





何も特別なことはしていません。なぜ、今まで痛みが取れなかったのか、それをかんがえぬきます。





医療従事者や治療家が、治療に真剣に取り組めば、必ず良くなるものなのです。

a0070928_09213026.jpg

[PR]
by firtreeSeikotsu | 2017-08-01 08:17 | 患者さまのお声 (179件)