人気ブログランキング |

腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu
a0070928_00351500.jpg


こんにちは。




神戸市、三田市、西宮市の専門産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboです。




みなさん、身体は何でできていますか?




もちろん、毎日の飲食物が基本ですね。その飲食物が体に良くないものばかりなのに、骨盤矯正やインナートレーニングなど行っても、最大の効果は出ません。




当ラボでは、トータルで産後のママさんのお体をサポートしていますので、食事についてもお話します。



産後の状態とは、、、




赤ちゃんを産むということは、産むだけではありません。




お腹の中で育てて、産むのですね。




これは妊娠しているお母さんの「生命エネルギー」を削って、赤ちゃんをお腹の中で育てているのです。





人にはもって生まれた「生命エネルギー(これを東洋医学では腎精といいます)」があります。





新しい命を育み、そして産む行為は他でもない、この「生命エネルギー」を消耗する他ありません。





ですから、この若々しさも作る「生命エネルギー」が大量に消費されるため、老化が一気に進んだ状態になります。






これを東洋医学では主に「腎虚(じんきょ)」と言います。





この持って生まれたエネルギーを増やすには、食事しかないのです。


a0070928_00501139.jpg




産後、こんな風になっていませんか?


産後は腎虚状態に近いので、若々しさが低下します。





  • 髪が抜ける
  • 白髪が増える
  • 肌にハリがなくなる
  • 目の下にクマができる
  • 目の下がふくらむ
  • 下腹に力がない
  • 手足が冷える
  • 眠れない

a0070928_00545684.jpg



こんな症状は出ていませんか?





これらは骨盤矯正やインナートレーニングなどでどうにかなるものではありません。




東洋医学の栄養学


a0070928_00571226.jpg



以上のような症状がきつく出ている場合は、食事を見直すことをお勧めしています。





身体を作るの材料の基本は食事です。





食事を見直せば、症状は軽くなります。





西洋医学の栄養学もいいのですが、ここは歴史のある東洋医学に分があるようです。





みなさんは五行という考え方をご存知でしょうか?





この世のすべてを「木火土金水」に分けて考える方法です。





この水に属すのが「腎」です。





五味と呼ばれる項目では、「鹹(かん)」という味が「水」に属します。





ですので、同じ水に属する「腎」が弱ると「鹹(かん)」の味のものを取りましょうということです。





おススメの食材!


鹹味の食材はズバリ! 海藻です。




具体的には、わかめ、昆布、ひじき、のりですね。





これらに、大豆、さつま芋、栗、里芋、ごぼうなどを加えて料理をすればばっちりです。





腎は冬に属する臓ですので、冬に取れる野菜を、暖かくして摂るのもおススメです。


a0070928_00485041.jpg





控えてほしい飲食物!


産後で育児ストレスから甘いものを食べたくなる気持ちは分かります。




しかし、砂糖を取り過ぎると膀胱や腎に負担がかかり、美容系のトラブルが起こりやすくなります。




また、水分を取り過ぎる人も、腎や膀胱に負荷をかけてしまいます。嗜好品であるコーヒーや紅茶はもちろんですが、水そのものも摂取過多はよくありません。




乳製品もほどほどにしてください。乳房や子宮のトラブルが起こりやすい人は、牛乳や卵の摂り過ぎの可能性があります。





食事を見直してイキイキ健康な産後を!


産後、体型や体重を気にして、極端なダイエットや栄養素サプリメントに走ってしまう方がいらっしゃいます。




そのせいで、身体がいつまでもだるい、疲れが取れないなどのトラブルを抱えながら育児を強いられることになります。




ダイエットやサプリもいいのですが、とにかくその前に食事を見直すことをお考えください。




絶対に見直してよかった!と思えますよ。
































施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。


クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。


〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部




求人:詳細はこちらをクリック







# by firtreeSeikotsu | 2019-04-14 16:33 | 産後トータルケア | Comments(0)