人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

腹筋運動で腰を悪化させる理由

腹筋運動で腰を悪化させる理由_a0070928_155165.jpg

【もみの木整骨院 ~最大の治療院ではなく、最高の治療院を~】

当院は整骨院ですが、整骨院でできる治療(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷)はもちろん、それ以上に幅広い治療ができます。

全般的な運動器疾患、スポーツ障害(オスグッド病、シンスプリント等)、頭痛、めまいなど、幅広い疾患に対応できる整骨院です。

電気やマッサージなどの治療で治らない方、薬や湿布などで満足いかない方が多数来院されています。

腰痛、肩こりでお悩みの方にも、専用の治療メニューがございます。

他の治療で治らない方、ぜひお試しください。



【当院の治療の特徴】


① 主に手技によるソフトな施術 ※最新治療器もご用意しております

② 全身の歪みを正す矯正法

③ 再発を防ぐリハビリ法


以上が追究してきた結果の最高の組み合わせです。


他院にはない、当院独自の治療プロセスをご実感してください。



【診療時間】

〇午前 9:00~12:00 月曜日から土曜日まで

〇午後 16:00~20:00 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日

※休診 日曜日、祝日 

℡ 078-981-1089 (予約制)

〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12

=====================================

急に腰が痛くなった。


または、腰が痛くなってしばらくしたら治ると思っていたけれども一向に治らない。



このような状態では、「治そう!」という意欲が一番出てくる時期です。


そして、ネットで調べたり、人に聞いたり、書店で本を買ったりしてどうにか腰痛を和らげようとします。


この場合、自分で行うので、どうしても運動療法が中心になります。




ところが、急性または亜急性の腰痛の場合、腰椎に圧縮力をあまりかけないほうがいいのです。


具体的には、、、


3,000N(ニュートン)以上の圧縮力をかけない



みなさんがよく口にする「腹筋・背筋」をすれば腰痛はよくなるという知識があります。


ちなみに、腹筋運動はどれほどの圧縮力をかけるのでしょうか?


腹筋運動で腰を悪化させる理由_a0070928_13481488.jpg


上の写真ではここから上体を浮かす腹筋運動です。


膝を曲げた状態では


3,350N


膝を伸ばした状態では


3,500N

かかります。



また、以下の背筋運動では
腹筋運動で腰を悪化させる理由_a0070928_13503754.jpg

4,000N以上

かかります。



このように一般的によいとされている運動も、腰椎に負担をかけすぎるので、いいとはいえません。


しかし、このような場合、プロテックを用いれば、腰椎への圧縮力をかけずに運動療法が早期から可能なのです。

もちろん、慢性の腰痛であっても腰椎の圧縮力を除いて運動をするのは非常にいいことです。


以下のような脚を上げる運動も、腰椎に圧縮力をかけずに行えるのです。

腹筋運動で腰を悪化させる理由_a0070928_13545428.jpg






【回復動画はこちら】

すべて1回の治療で改善している様子を動画でご覧いただけます。

ココをクリック→「13歳女子 足関節捻挫」 ギプスと松葉杖できたのに・・・!


ココをクリック→「9歳男子 足関節捻挫」 施術後にはピョンピョン飛び跳ねていた!


ココをクリック→「43歳男性 急性腰痛」


ココをクリック→「33歳女性 急性腰痛」 この後仕事があるからなんとかしてほしい・・・


ココをクリック→「17歳男子 肉離れ」 合宿が数日後に控えているのでなんとかしてほしい…




【患者さんのお声】

過去のさまざまな患者さんのお声がたくさんございます。

ご参照ください。

患者さんのお声 http://firtree.exblog.jp/i13/

すべての方に書いていただいている訳ではございません。

治癒された方全員にいただくには時間の余裕はございませんので、難治の方を中心にお声をいただいております。


【Information】

ヘルニア腰痛専門コース

「ヘルニア」だけれども「手術をするまでもない」方

湿布を貼ったり、薬を飲んだり、リハビリで牽引したりしてもよくならない方

他、治療法を試したけれどもよくならない方

当院ではヘルニア専門の治療をご用意しております。



【電話でのお問合せについて】

当院の電話は主に予約、変更、キャンセルに使われておりますので、受付が対応します。

ゆえに、専門的な内容のお話はお電話をいただいても対応できないことがたくさんあります。

ですので、込み入ったご相談はお電話ではなく、Eメールでお願いします。

mominokiseikotsu@yahoo.co.jp
by firtreeSeikotsu | 2012-09-22 13:47 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)