腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

ねんざクセになる足とは?? ~運動機能低下が招く、再発の高リスクとパフォーマンス低下~

こんにちは。



やっと週の後半から温かくなるようですね。



神戸市北区にある体の歪みを科学する整骨院、もみの木整骨院です。



今回は「ねんざクセ」になる足とはどんな足か、運動機能から見てみましょう。



a0070928_14472246.jpg



(下に記事の続きがあります)





上の動画をご覧ください。




受傷後、1か月経って来院された小学生の女の子です。




「痛みはないけれど、またひねった」とのことで、クラブのコーチから当院へご紹介いただきました。




運動機能低下を診るために、バランスボードに乗ってもらうと一目瞭然でした。





患側(左)はグラグラで、これでは話になりません。




この状態を放置しますと、再発のリスクはもちろん、せっかく練習しても上達に支障をきたします。




ですので、再三このブログで申し上げていますように、ちゃんと治すことをおススメしています。




ちゃんと治すとは・・・



マッサージ

テーピング

サポーター

レントゲン検査

シップ

電気治療

アイシング



これらは不必要とは言えませんが、ちゃんと最後まで治すとはいえるものではありません。




先ほどの動画にあるグラグラの足が、健側と同じように安定することが「本当の意味での治る」ということなのです。




もし、ねんざクセで困りの方はぜひご相談ください。





ちゃんと治したい!とお考えの方には、もみの木スタッフは親身になってご相談をお受けいたします。

a0070928_19334839.jpg

[PR]
by firtreeSeikotsu | 2015-03-25 18:59 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)