腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

あきらめかけたその時・・・ ~10代男子 オスグッド・成長痛~

こんにちは。



今年のシルバーウィークは大型の台風に襲われました。



みなさんは大丈夫だったでしょうか?



さて、今回も当院の得意中の得意治療である、オスグッド・成長痛です。


a0070928_23440927.jpg
a0070928_23442151.jpg


(下に記事の続きがあります)


ホームページはこちらをクリック!


【もみの木整骨院 ~最大の治療院ではなく、最高の治療を~】

当院は整骨院ですが、整骨院でできる治療(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷)はもちろん、それ以上に幅広い治療ができます。

全般的な運動器疾患、スポーツ障害(オスグッド病、シンスプリント等)、頭痛、めまいなど、幅広い疾患に対応できる整骨院です。

電気やマッサージなどの治療で治らない方、薬や湿布などで満足いかない方が多数来院されています。

慢性腰痛、ヘルニア、すべり症、分離症、脊柱管狭窄症、肩こりでお悩みの方にも、専用の治療メニューがございます。

他の治療で治らない方、ぜひお試しください。




【当院の治療の特徴】

① 主に手技によるソフトな施術 ※最新治療器もご用意しております

② 全身の歪みを正す矯正法

③ 再発を防ぐリハビリ法

以上が追究してきた結果の最高の組み合わせです。

他院にはない、当院独自の治療プロセスをご実感してください。


【診療時間】

〇午前 9:00~12:00 月曜日から土曜日まで

〇午後 16:00~20:00 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日

※休診 日曜日、祝日

℡ 078-981-1089 (予約制)

〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12



オスグッドで病院へ行くと、スポーツによる膝へのストレスが問題だと言われます。




休まないと治らないとも言われます。




しかし、休んでも治らない子がいるのです。おそらく、休んでマシになる子も、全力で復帰はできていないことが多いのではないでしょうか?





それは、体の中のバランスが崩れて、膝に負担が集中しているからです。




正常なバランスを獲得しないで、いつまでもサポーターや装具、テーピング、湿布、痛み止めなどをやっていても、膝に負担がかかり続けます。




当院で高い治癒率を出せているのは、膝に負担が集中しないように、膝以外の部位への施術を行うからです。




ですので、膝への対処、たとえばベルト、サポーター、装具、テーピング、湿布、アイシングだけをやっているのと比べると、はるかに勝る処置といえます。



a0070928_10213533.jpg


オスグッド

小学校6年生の冬、野球の練習中、両膝が激しく痛くなりました。近くの整形外科で診てもらった結果、オスグッドと言われました。痛みがなくなるまでは「走ってはいけません」と言われました。5ヵ月経っても痛みがなくなりませんでした。あきらめかけたその時、お父さんがもみの木整骨院の事をネットで知り、オスグッドが早くなおるという事が書いてありました。ここへ来て、いろんなストレッチなどをしていくうちに屈伸できなかったのが出来る様になり、2か月余りで走れる様になりました。もっと早くここの事を知っていれば良かったです。本当にありがとうございます。



上記本文には「痛みがなくなるまでは走ってはいけません」と言われたとあります。




医療の先生に言われたので、子供たちはちゃんと従います。




子供は何もわかりません。大人のいうこと、しかもその道の専門家がいうことなんですよ。信じて休むにきまってます。




なぜ信じて休むんでしょうか? それは、休んだら治ると思っているからです。そう信じ込んでいるからです。



もちろん、スポーツがとてもしたい時期です。悔しい思いで休んでいたはずです。




5か月も・・・




そして、痛みが取れない。




「もうスポーツはできないのではないか」と失望していたかもしれません。




私たちが未来へ向けて、正しい行動、前向きな行動、発展的な努力ができるのは、「未来にいいことが待ち受けている」と希望を持っているからです。




そこに「スポーツを休みなさい」と言われて、未来に失望しかけるのです。




大人の言うことは正しいと信じたのに、裏切られた気持ちにならないのでしょうか?




そんな未来ある子供たちの心を救うのも、医療の仕事だと思います。




私たちはこのような子供たちを1人たりとも、この世界に出してはいけない思いで施術に取り組んでいます。




しかし、私たちの施術所ではできることは限られています。予約も取りにくい状態になっています。




でも、苦しむ子供はまだまだたくさんいるのです。




ですから、同じ仕事に就く同志たちは、立ち上がってください。どうしていいのか分からなければ、当院の門を叩いてください。




その意志により、扉は開かれるのです。




また、失意の中にある子供を持つご父兄の方は、どうか子供を守ってあげてください。




子供を救うため、からだの真実へ向けて行動を起こすのです。




私たちは未来の世界を背負う子供たちを慈しむ責任があると思います。




そんな思いがこの治療院を作っています。




スタッフ一同





[PR]
by firtreeSeikotsu | 2016-09-22 10:35 | 患者さまのお声 (180件) | Comments(0)