腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

産後トータルケアアドバイス ~産後の腰痛~

a0070928_19212925.jpg



みなさん、こんにちは。


もみの木治療院、産後トータルケア事業部、松井です。


本日は、産後のママさんからの訴えで最も多い「腰痛」についてご説明します。



妊娠中、そして産後に最も多いトラブルに「腰痛」があります。




当院でも腰痛で家事や育児がつらい、妊娠中にギックリ腰になったという方がたくさんいらっしゃいます。




一般的に妊娠中・産後の腰痛は仕方がないこと、時間が経てばよくなるものと考えられており医療機関でも特に対処することなく終わられることが多いようです。




本当に放ったらかしでいいのでしょうか?





産後の腰痛にはさまざまな原因があります。



a0070928_19210685.jpg

まず骨盤を締める力です。
これは分娩時に仙腸関節と恥骨結合が大きく動き、関節や周囲の結合組織が大きく伸長されて骨盤を締めて安定させる力が低下します。




すると、体重を支持する機能が発揮できないために、周囲の筋肉や腰椎などがその肩代わりを強いられて腰痛が起こります。



a0070928_19211691.jpg

次に体幹筋(腹筋群)がうまく働かなくなることが考えられます。




妊娠中はお腹の筋肉が十分に使えなくなります。お腹の筋肉は上半身を支えるため、さぼってしまった腹筋群の仕事を、背中の筋肉がするわけです。



そのせいで腰辺りの筋肉は疲れ果て、腰椎や仙腸関節への機械的ストレスを増強させ腰痛の原因となることがあります。



a0070928_19212255.jpg
そして、産後の不良姿勢によるものです。




先ほどの腹筋群がうまく働かなくなると、姿勢が悪くなります。さらに産後の育児時のオムツ替えや授乳など前かがみになることが多く、姿勢が悪くなりやすいのです。




また、抱っこをする時には、片手で赤ちゃんを支えるため、重心が片方に寄ってしまうような不良姿勢を続けて取った結果、腰痛などが出てきてしまいます。




そのうち治るだろうと放っておくと、どんどん悪化していきかねません。産後の腰痛にはちゃんと原因があります。早いうちに原因からしっかり対処してあげることがのちの体のためにとっても重要なことなのです。




a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック



[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-04-02 19:25 | 産後トータルケア