腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

産後トータルケアアドバイス ~帝王切開後の骨盤~

a0070928_11111954.jpg

こんにちは。



産後トータルケアのフロンティア、もみの木治療院の松井です。



産後の相談でよくお聞きするものの中に「帝王切開でも骨盤は開くのか?」というご質問があります。



今回はそのご質問にお答えします。


a0070928_11113559.jpg

帝王切開での分娩の場合、骨盤の開きはないと思っている方は多いようです。帝王切開では産後のケアは必要ないのでしょうか。




いいえ、帝王切開の方もきちんとしたケアが必要になります。




骨盤の開きで言うと、自然分娩による最後の開きはありませんが、骨盤は分娩時にいきなり広がるのではなく妊娠中から赤ちゃんを受けるために骨盤は広がっています。




これは、妊娠中、リラキシンなどのホルモンにより関節がゆるみ、骨盤が広がり出産へ向けての準備を体が始めるためです。




しかも帝王切開の場合、先ほどの自然分娩での最後に大きく骨盤が開くという刺激がありません。




そのせいで体は出産したことに気づかないために、自然分娩に比べて体を元に戻そうとする力が弱いとも言われています。




さらに子宮の収縮も悪く、妊娠中のホルモンを継続して出してしまうのです。

a0070928_11114103.jpg

妊娠によって骨盤以外にも体には様々な変化が起こっています。




ただでさえ、腹部に力を入れないようにしている妊娠中の状態が残りやすい産後です。




ましてや、帝王切開で筋肉にメスをいれると、自然分娩の方より腹部の力が入りにくくなっているという状態でもあるのです。




腹部に力が入らないと、腰痛をはじめとした運動器の障害につながるのです。




ですので、将来のお体のために自然分娩の方もそうですが、帝王切開の方だからこそ、必要な産後のケアがあるのです。




当院では単なる骨盤矯正だけではなく、産後の変化をトータルでしっかり施術し、機能しなくなった体幹筋を取り戻すプログラム(セッション)をご用意しております。




a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック


[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-04-04 08:09 | 産後トータルケア