腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

産後トータルケアアドバイス ~尿もれ~

a0070928_13143111.jpg


こんにちは。



産後トータルケアのフロンティア、もみの木治療院の松井です。



今回は産後、人に相談しにくいお悩みの上位にランキングする「尿もれ」。



でも、恥ずかしがることはありません。多かれ少なかれ、誰でも出産時には括約筋が緩くなるものなのです。



なぜそうなるのか?



以下にご説明いたします。



骨盤内臓器が大いに変化する妊娠中は、尿もれが起こりやすいものです。



また、産後もその尿もれが残る、あるいは新たに尿もれが発生して、すぐに治ると言われていたのになかなか治らなくてお悩みの方もいらっしゃいます。


咳、くしゃみ、笑うなどの動作で尿がもれてしまうということはよくあります。



あと、水を見たり、音を聞いたりしたら尿意をもよおすという場合もあります。



このようになると、いつもれるか不安になり、どこへ行くにでもトイレを先にすませたり、出先ではトイレの場所を確認したりすることが習慣になってしまいます。


a0070928_13144371.jpg
尿もれの原因は骨盤底筋群の弱化、伸長です。



骨盤の底に当たる骨盤底筋群が出産で引き伸ばされ、収縮力が弱くなったため、尿道を通る尿をせき止めることができなくなるのです。



a0070928_13145244.jpg
次に骨盤臓器脱です。お腹の赤ちゃんが出た後は、腹部の臓器が骨盤内に落ち込んでくることがあります。



これは臓器間の位置を決めていた筋や靭帯がゆるくなってしまった結果です。



この落ち込んできた臓器の圧力により、膀胱が圧迫されてしまうのです。


a0070928_13150235.jpg
最後は腹直筋離開です。



離開があると、腹圧を上げようとしても逃げてしまいます。



骨盤底筋群がしっかり動いていたとしても、腹圧が上がらなければ、尿道を止める筋の圧迫が保てないのです。


a0070928_13151322.jpg
アメリカの産科医であるアーノルド・ケーゲル先生が、この尿もれで悩んでいる女性をたくさん目の当りにして、考案されたのがケーゲル体操です。



この体操で骨盤底筋群の使い方を再認識し、泌尿器系、特に排尿に関わる膀胱、尿道の正常化を図ります。



当院ではケーゲル先生が考案した膀胱正常化のプログラムを取り入れております。


a0070928_13152643.jpg
みなさんが手に入れたい姿勢や健康なお身体は一時的なものではないはずです。



1年、3年、5年、10年後もちゃんとした姿勢、健康な体を維持したいとお考えのはずです。



そのためには、永遠に治療院や整骨院等の医療機関に通うのではなく、ご自身で知識を身につけて、日頃から意識して姿勢を取ることが一番の健康維持になるのです。



ですので、当院では他の治療院や整骨院などがやっていない、産後ケアセッションという機会を通じて、皆様に本当に健康な、美しい体になる方法をご提供している訳です。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック


[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-04-04 13:21 | 産後トータルケア