人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

ほおっておいた捻挫・打撲

捻挫や打撲は誰もが一度は経験したことがあるでしょう。

そんな捻挫や打撲を湿布のみで日にち薬だとほおっておいた例をひとつあげます。



階段を踏み外して、足首の捻挫をされた方がいらっしゃいました。

同時に肩背部を強打されました。

その方は「整骨院・接骨院」は「マッサージ屋」と勘違いされていて、マッサージにいくと痛いところをもまれて痛くなるから、やめておこうということで、来られませんでした。

受傷後1ヶ月でその誤解がとけて、当院にいらっしゃいました。

そして、聞くと「正座ができない」らしいのです。



このように、「たかが捻挫」と湿布を張ってほっておくと、後遺症につながります。

生命の危機にまで及ばないので適当に考えがちですが、正座ができないと不便な生活の場面があります。

さて、捻挫した足首をアジャストすると、正座ができるようになりました。


「整骨院・接骨院」を単なる「マッサージ屋」と勘違いされている方がたくさんいらっしゃいます。


「マッサージなら整骨院」
「ケガなら整形外科」


このような誤解がたくさんあるようです。保険の効くマッサージ屋という認識です。



しかし、当院では膝が痛いアスリートにやみくもに揉んだりしません。

前回の記事にある、鼡径部の痛みの選手もマッサージや指圧の類は一切しませんでした。

もちろん、必要ならマッサージみたいなことをすることもあります。

ですが、基本は痛みにアプローチする場所なのです。



「手」を使って、体を治す。

この「手」がいかにすばらしいことか・・・。

徒手療法が注射、投薬よりも劇的に効力を発揮することはたくさんあります。


「手を使うのが整骨院・接骨院」
「機械、投薬、注射をするのが整形外科」

ということです。


正しい理解をしてほしいものです。



☆地域No.1 整復術・整体術 最大の治療院ではなく、最高の治療院を目指して・・・  ~もみの木整骨院~ ☆

神戸市北区 整骨院 接骨院


寝違い
頸痛 首痛
むち打ち 鞭打ち、むちうち
肩こり 頸肩腕症候群
背部痛 肋間神経痛
ぎっくり腰
股関節痛
股関節症
膝痛 オスグッド ジャンパー膝 ランナー膝
四十肩 五十肩
外反母指、外反拇指、外反母趾
足関節捻挫 足底痛
偏平足
脊柱管狭窄症
ヘルニア
by firtreeSeikotsu | 2008-08-20 14:04 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)