人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

ドクターショッピングの肩痛

肩が痛くて、腕があがらない、うずく患者さんがいらっしゃった。

2か月前に転倒して、手をついたらしい。

最初は手首が痛かったが、そのあとすぐに肩がいたくなったらしい。





さて、何か異常があるのだろうとまずは整形外科を受診された。

「スジを違えたのだろう」と言われて、リハビリに回された。

電気をあてるだけのリハビリに効果が感じられず、行かなくなったらしい。



次に別の整骨院に行かれた。

「五十肩」と言われたらしい。



次に別の整形外科に行かれた。

また「五十肩」と言われたらしい。五十肩のストレッチを教えてもらいやってはいるみたいだが、悪化している。



さて、順を追って診断を見てみると、、、


① スジ違え
② 五十肩
③ 五十肩


それぞれ一応の理由があって診断されているのだろう。


しかし、スジ違えであろうが、五十肩であろうが、とにかく肩の運動を制限している原因があるはずだ。

それにアプローチせずに、ただ診断名をつけても治らない。


さて、この患者さんのヒストリーを聞くとわかることがある。



まず、転倒したことだ。

転倒して手をついたことで、上腕骨と肩甲骨とが衝突を起こし、その間に挟まっている軟部組織が損傷を起こしたと思われる。

これが第1次損傷。

そして、その痛みのために、動きにくい筋肉が発生し、肩関節の運動リズムが崩れたものと思われる。

そのまま崩れたリズムで動かしていると、本来動かなければならない位置で関節が動かない。

つまり、肩関節の運動がズレでおこなわれるのだ。

これが第2次損傷。

そして、位置異常を起こした関節にかかわる筋肉の長短バランスが崩れだす。

これが第3次損傷。



このように複雑になった肩は治りにくいが、もつれた糸をほどくようにひとつずつほどいていけば、肩関節は正常な運動を取り戻す。


このような損傷は炎症部を早く治さなければ、癒着を起こし、なかなか治らないやっかいな肩になる。


最初の診断と処置が的確であれば、ドクターショッピングをして2か月も悩まなくて済んだのかもしれない。


今回の推測のヒント: Shoulder Impingement

Impingement is one of the most common causes of pain in the adult shoulder. It results from pressure on the rotator cuff from part of the shoulder blade (scapula) as the arm is lifted.

The rotator cuff is a tendon linking four muscles: the supraspinatus, the infraspinatus, the subscapularis, and the teres minor. These muscles cover the "ball" of the shoulder (head of the humerus). The muscles work together to lift and rotate the shoulder.

The acromion is the front edge of the shoulder blade. It sits over and in front of the humeral head. As the arm is lifted, the acromion rubs, or "impinges" on, the surface of the rotator cuff. This causes pain and limits movement.

The pain may be due to a "bursitis," or inflammation, of the bursa overlying the rotator cuff or a "tendonitis" of the cuff itself. In some circumstances, a partial tear of the rotator cuff may cause impingement pain.

Impingement is common in both young athletes and middle-aged people. Young athletes who use their arms overhead for swimming, baseball, and tennis are particularly vulnerable. Those who do repetitive lifting or overhead activities using the arm, such as paper hanging, construction, or painting are also susceptible. Pain may also develop as the result of minor trauma or spontaneously with no apparent cause.

Beginning symptoms may be mild. Patients frequently do not seek treatment at an early stage.

•Minor pain that is present both with activity and at rest
•Pain radiating from the front of the shoulder to the side of the arm
•Sudden pain with lifting and reaching movements
•Athletes in overhead sports may have pain when throwing or serving a tennis ball

Impingement commonly causes local swelling and tenderness in the front of the shoulder. There may be pain and stiffness when the arm is lifted. There may also be pain when the arm is lowered from an elevated position.

As the problem progresses, there may be pain at night. Strength and motion may be lost. It may be difficult to do activities that place the arm behind the back, such as buttoning or zippering.

In advanced cases, loss of motion may progress to a "frozen shoulder." In acute bursitis, the shoulder may be severely tender. All movement may be limited and painful.

☆地域No.1 整復術・整体術 最大の治療院ではなく、最高の治療院を目指して・・・  ~もみの木整骨院~ ☆

神戸市北区 整骨院 接骨院


寝違い
頸痛 首痛
むち打ち 鞭打ち、むちうち
肩こり 頸肩腕症候群
背部痛 肋間神経痛
ぎっくり腰
股関節痛
股関節症
膝痛 オスグッド ジャンパー膝 ランナー膝
四十肩 五十肩
外反母指、外反拇指、外反母趾
足関節捻挫 足底痛
偏平足
脊柱管狭窄症
ヘルニア
交通事故 治療 相談
by firtreeseikotsu | 2009-08-26 16:13 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)