人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

骨や筋肉だけでは治らない!

腕が上がらない患者さんがいらっしゃった。

年の瀬も押し迫った時だった。



前から、横から腕が上がらない。

アクティブな人で水泳、エアロビクス、マシーントレーニングをされていたときに痛めたらしい。



痛めたところに発生した炎症は肩を動かさなければ徐々に修復される。

しかし、なかなか治らない。


なぜか?


それは、肩を痛めた主原因が治ってないからだ。

そもそも、肩を痛めたのはなぜか?

普通に泳いでいて、ズキッと痛くなったのはなぜか?


そこを無視して治療しても治らない。


「歳だから・・・」
「運動不足だから・・・」

もっともらしい言い訳はいくつもあるが、分からないからそのようなことを言う。


実際は、肩のアライメント(構造のバランス)が崩れているからだ。

この崩れたバランスのまま動くと痛みが発生する。


それなのに、肩が動かないからといって湿布、注射などをしても本当の、治すべき原因は残存し、治りが悪く、また再発する。


さて、主原因はアライメントの崩れだが、その崩れを修正するのに、筋肉や関節のズレなども対象となり、さまざまな書籍が並んでいる。



しかし、そこに無視されているのは靭帯や関節包だ。

骨や筋肉だけでは治らない!_a0070928_14355134.jpg



上記の Coraco-acromial ligament や Coraco-clavicular ligament は重要な靭帯だ。

当然のことながら、アライメントが変化すると、こういった靭帯の長さや硬さも変わる。


このようなことを無視して、投薬、注射、湿布、マッサージばかりしていてもなかなか治らない。



さて、先ほどの患者さん、やはり肩のアライメントが崩れていた。

筋肉は調整せずに、靭帯と関節だけを調整すると、上がらなかった腕が上がるようになった。

このことからも延々とマッサージをしたところで治りにくいことが分かる。


☆地域No.1 整復術・整体術 最大の治療院ではなく、最高の治療院を目指して・・・  ~もみの木整骨院~ ☆

寝違い
頸痛 首痛
むち打ち 鞭打ち、むちうち
肩こり 頸肩腕症候群
背部痛 肋間神経痛
ぎっくり腰
股関節痛 変形性股関節
股関節症
膝痛 変形性膝関節 オスグッド ジャンパー膝 ランナー膝
四十肩 五十肩
外反母指、外反拇指、外反母趾
足関節捻挫 足底痛
偏平足
脊柱管狭窄症
腰痛 ヘルニア
交通事故 治療 相談

神戸市北区 整骨院 接骨院
田尾寺 有馬 岡場 五社 道場
京地 西山 菖蒲
有野町 西宮 上山口 下山口
すみれ台 北六甲台
藤原台 有野台 鹿の子台 上津台 八田
by firtreeseikotsu | 2009-12-31 14:39 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)