人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

カテゴリ:私の視点 どう考えどう治療するか( 236 )

なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16110435.jpg

みなさん、こんにちは。




当院はいたずらに感染拡大にならないように、診療自粛を行っております。




こんな時は消毒衛生も大切ですが、いくら検温して、ベッド等を消毒して、予約間隔を空けても、ウイルスを防ぎきれるかどうかは疑問が残ります。




国の医療が逼迫している中、私たち整骨院業も他人事ではありません。




できること、それは「不要な外出を避ける」こと以外ありません。




ですから、整骨院業を営む私たちからしたら「患者さんに不要に通院させること避ける」ことで、患者さんだけではなく周りの方々も含めて社会全体の命を守るということです。




週単位で診察自粛日が異なりますので、もし「急性のお怪我」の場合はホームページでご確認ください。



今、コロナで外出する機会が減り、家の書棚の整理をしています。




すると、久しぶりに手にした本がありました。その本は私の人生を大きく変えた本ですので、この本をご紹介します。




タイトルに「なぜ英語が読めるのか?」と書いてありますよね。



なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_15492199.jpg




たまにこのブログなどで海外の論文のご紹介をしています。






私はみなさまによりよい、最新の医療をお届けするのがある種「趣味」のようになっているのですね(笑)






その「趣味」のため、情報を収集するのに国内にとどまらず「海外」にも広げています。






洋書や海外論文を読むには「英語」が欠かせません。それも会話レベルではありません。論理的に文章を読む力です。


なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_15462509.jpg



では、私はなぜ英語ができるのでしょうか?





学生のころから「英語」の成績が良かったからでしょうか?





いえ、そうではありません。普通の公立の学校で、クラス中で後ろから数えた方が早いくらいの成績でした。





では、なぜ今のような英語力になったのか?





人生ではターニングポイントというものが、節目節目で存在しています。





人生の節目とは、進学かもしれません、社会人になったときかもしれません、結婚かもしれません。ある人や物との出会いや別れかもしれません。





そのような節目は大きく人生を変えるチャンスでもあるのです。




未来は過去の延長線上にあると、今と何も変わらない未来が来ます。満足して変わりたくないのなら、そのままでいいかもしれません。



なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_15593101.jpg

しかし、少しでも「変わりたい」「成長したい」と願うなら、今を変えて未来を変えるしかありません。





私のターニングポイントは「大学受験」の時にやってきました。




なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16050141.jpg


さて、私は中高と英語は苦手の苦手、というか勉強全般が苦手でした。





高校の時でも、中学生の英語すら分かっていませんでした。





その私がなぜ英語で洋書や論文を読めるようになったのか?





それは大学受験の勉強をするときに、劇的な変化を遂げたからです。





大学受験とはいえ、そもそも大学に行けるような成績ではありませんでした。先生が10人いたら、10人が「進学は無理だから就職か専門学校へ行きなさい」と言ったくらいでした。


なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16161053.jpg



でも、当時の私は将来することへの明確な目標などはなく、就職もしたくないので、漠然と大学へ行くと高校三年生の時に宣言したのです。





母親は中学まで、父親は夜間高校の卒業で大学については全く何も分かっておらず、しかも日々生活のために二人とも仕事で忙しく、わざわざ高校へ行って進路の面談すらしませんでした。




ですから、担任から「受かりませんよ」と親に吹き込まれることなく、私の成長の芽を摘まれないで済んだのです。ここはラッキーでした。




もし、担任の先生から「大学なんて受からないからやめとけ」と言われていたら、親も受験に反対して「就職しろ」と言ったでしょう。





さて、進学する大学を選ぶときの理由は単に「家から近かったから」です。そんなことで外国語専攻の大学を目指すことになりました。




ということで、英語は必要です。入学後もおそらく他の学部よりは必要です。





ですので、英語の学習に取り組みました。




まず、ない知恵を絞って考えた結果、「単語やろ!」と。英語の単語を覚えようとしたのです。



なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16310980.jpg



ですが、「大学受験の英単語」みたいな参考書を開いても、1つも知っている単語がないのです。




当時は「大学受験 英単語 ターゲット1900」という旺文社の書籍がありました。それを使っていたのですが、1個も知らないので、すべて一から覚えないといけませんでした。




1日何時間も書いて、書いてしているのに、最初は1日に2~3個しか覚えられませんでした。




そんなことでは、1900個覚えるのに何年かかるのでしょうか。




単語だけでもそんな感じです。




文法、構文、長文、作文など、英語ひとつ取っても勉強する分野が多岐にわたっています。




ですから、単語だけちんたらやっていては埒があきません。




ですので、これら別々に学ぶのをやめたんです。その代わりに、それらを一気に学ぶ方法を取りました。




それがこの本を使って行ったのです。


なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16564094.jpg


この本には受験に必要な代表的な構文を使った英文と日本文が見開きで対応しています。



なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16564996.jpg
左が英語、右が日本語という具合です。




英文の解説は下の欄外の注に「ヒント」みたいなものしかありません。分かる人が見たら分かりますが、分からない人にはこんな説明は説明になっていません。




しかし、この本には



単語

熟語

文法

構文

さらに、日文を見て英文を書けるようにすれば、

英作文

もできるようになるという、一石二鳥どころか一石五鳥にもなる優れものなのです。




私はこの英文を700文、覚えることから始めました。




誰もやらない作業です。周りでやっている人はいませんでした。いえ、一人いましたが、途中で挫折していました。




しかし、この英文を暗記し続けて、700文を覚えきるころには、模試の成績は飛躍的に上がりました。※中学生の英語も分からないレベルが3〜4か月で偏差値が30上がったのです。その当時、自分でも信じられませんでした。




これは自分でやったのです。誰かに英語を教えてもらったわけではありません。




参考書などを駆使して、自分でやりました。ここがミソでした。





「自分でできた!」




そしてその翌春には「合格」通知を受け取ることになったのです。




これで英語が得意になり、どんどん自分で勉強するようになりました。




その後、留学もして、英語力がさらに上がりました。


なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_17074731.jpg




高校三年生の時、就職か、進学か、その決断を進学にして、誰もやらない「努力」をした結果、今では海外の情報を自分で拾えるようになったのです。





大学受験はきっかけでしたが、そのおかげで今の自分があります。





今となってはこの本もボロボロです。当時、剥がれ落ちてテープで止めたところの焼けがすごいです。

なぜ洋書や海外論文に目を通すのか? ~きっかけとなった書物~_a0070928_16565517.jpg

今でもこの本には「ありがとう」と言えます。





「未来は変えられる」




私のターニングポイントは大学受験の英語学習でした。




この出来事をきっかけに、自分に自信がついてなんにでもチャレンジするような性格に変わっていきました。




「できないことはない」




そんな風に思えるようになったのです。




この文章を読んで英語ができるようになることを主に伝えたいわけではありません。たかが英語が読めるくらいのことです。英語が読める人はこの世に山ほどいますから。




「未来は変えられる」




それはちょっとしたきっかけでそうなることがあるということをお伝えしたいのです。




ただ、そのようなターニングポイントや成長を経験したことがない大人が、子供たちに「あんたは無理やから」とか「どうせ私の子供やから出来が悪いんだ」などと言って、子供たちの成長の芽を摘むようなことだけはしてほしくないのです。




成長のない大人ができることは、せめて子供の邪魔をしないということです。(今の状況の場合、不要に外出したり、また外出させたりして、逼迫した医療現場の邪魔をしないということです)





変化の大きな今の時代、大人のほうが時代遅れになっていることがあります。その時代遅れの価値観で子供たちにアドバイスしないで欲しいのです。





子供が「こうしたい」「ああしたい」と言ったら、成長に関するならそれを応援してあげて欲しいのです。





どんなきっかけで子供たちの芽が伸びて、華が開くかは分かりませんから。





「コロナ」も人類の不断の努力で必ず乗り越えます。




「努力」




これは私が今まで生きてきて大切にしている言葉です。




私たちの便利な生活や安心できる医療、心が洗われるような芸術作品、ワクワクさせられる競技など、どれを取っても「尊い努力」の上に成り立っています。




私たちの生活はこのような「努力」の集まりの賜物なのです。




その努力は親から子へ、子から孫へと受け継いでいくことだと思います。




私の仕事、これもまた「不断の努力」をなくしてはいけないと思います。それが志となり、仕事は「志事」となるのです。





今は悲観的になるのも無理はない「コロナ」ですが、必ず笑える日が来ると思います。





その笑える日のために、私たちができる「努力」とは何でしょうか?




今、じたばたすることではありません。逼迫している医療現場の足を引っ張ることだけはしてはいけません。




できるだけ不要不急の「外出をすること」「外出させること」を避けて、事態が終息するのを待ちましょう。





「自分だけなら大丈夫」などの利己主義は捨てて、今こそONE Teamとなる時です。




その「努力」が必ずやコロナに打ち勝つ行動となるのですから。





by firtreeSeikotsu | 2020-04-19 17:11 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_16105666.jpg


こんにちは。




もみの木整骨院です。




現在、新型コロナウイルスの蔓延に世界中が振り回されています。




当院のような治療院業界でも、休業するところもあれば「当院は大丈夫です!」と衛生徹底をアピールしているところもありますね。




ただ、目に見えないような飛沫感染するウイルスに対して「人の無力さ」が露呈している今、いくら徹底しても無理だと思います。




病院のような減圧された無菌室で整体治療するのなら話は別ですが、こういう時期にあまり「衛生」を前にだして来院を促すことは、感染拡大の原因となりかねないかもしれません。




我々は健康産業の中にいます。医療と言ってもいいでしょう。居酒屋さんとはまた立場が全く異なるのです。「利益>健康」になってはいけません。




ですので、政府の言うように「不要不急」の外出はできるだけ避けたほうが、自分だけではなく他人のためになることを心に留め置きください。





では、今後どうなるのか?




私の考えでは「世界中の人が新型コロナウイルスに罹患するしかない」と思います。


コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18281276.jpg


その際、治療薬やワクチンが開発されていると理想的ですが、とにかく罹患することでコロナは終息、つまり人類が勝利するということです。




今は治療薬やワクチンが開発されるまで、パンデミックをのらりくらりとかわす時期でしょう。




ただ、感染者数もかなりの数字になってきました。



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18205948.jpg




そこで、先に感染者が爆発した中国では、漢方や鍼灸などの中医学の方法で処置がされました。その中で有効なものが発表されています。



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_16493094.jpg







The Beijing Health Commissionから3月23日に発表されたものです。




ご興味がある方は原文(英語)でご覧ください。




このレポートに書いてあるのは、発熱や咳をはじめとした症状が、漢方と鍼灸の治療で改善があったとするものです。



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_16495780.jpg


北京で新型コロナウイルスに罹患した87%が伝統的中医学の治療(鍼灸や漢方)を受けたと書いてあります。




そのうち、92%の有効率であった、と。※有効率とは著効からまあまあ効果ありまでが入っている率です。




中国の主要な医療機関で、新型コロナウイルスに向けての治療プランを作成したとのことです。




中国の伝統治療を受けることで、治癒率や致死率の向上に貢献しているらしいです。




この数字は比較的新しいもので、十分に研究されたものではないので、そのまま信じることはできませんが、新薬やワクチンがない現在、みなさんの参考にはなると思います。




さて、漢方で効果があったものは「清肺排毒湯」です。この漢方では、90%の方で改善していおり、60%で著効、残りの30%の方は症状が安定しているとのことです。



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18200210.jpg



また別の報告では、701人の感染者に投与して、130人は治癒、発熱や咳などの症状が完全に消失したのは51人、症状が改善したのは268人、状態が安定したのは212人となっています。661/701で、94%の改善率となります。




また詳細な調査によると、351人中112人は37.3℃以上の発熱があり、そのうち清肺排毒湯を服用して1日で51.8%が平熱まで下がった。6日間の服用では94.6%が平熱へと下がった。




この351人中、214人に咳の症状が出ていた。清肺排毒湯を1日服用したら46.7%の咳症状が完全に消失した。6日間服用後は80.6%が著効を示した。また、別の調査での関連する発見として、中国のLian Hua Qing Wenカプセル(インフルエンザに用いられる)でコロナウイルスの症状が改善することが分かったとあります。



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_16502957.jpg



この清肺排毒湯は今回の新型コロナウイルス用に配合されたもので、胃苓散、麻杏甘石湯、小柴胡湯加桔梗石膏を組み合わせると「ほぼ清肺排毒湯」となるようです。




次に、鍼灸の治療プロトコルが書かれています。



ステージは三つ。


1 予防期
2 憎悪期
3 回復期

です。




【予防ステージ】


コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18282457.jpg



〇主要穴
Group 1 : 風門、肺兪、脾兪
Group 2 : 合谷、曲池、尺沢、魚際
Group 3 : 気海、足三里、三陰交


上記のそれぞれのグループから毎回の治療で1~2経穴を選んで治療します。



〇追加穴
発熱があるもの:大椎、天突、孔最
嘔気、軟便、胖大舌、厚膩苔、軟弱脈のもの:中脘、天枢、豊隆
疲労感、食欲不振があるもの:中脘、水分、陰交、脾兪
さらさらの鼻汁、背部痛、白膩苔、平脈があるもの:天柱、風門、大椎



【罹患ステージ】


コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18283423.jpg


〇主要穴
Group 1 : 合谷、太衝、天突、尺沢、孔最、足三里、三陰交
Group 2 : 大杼、風門、肺兪、心兪、膈兪
Group 3 : 中府、膻中、気海、関元、中脘

軽・中症程度の場合、上のグループ1および2から2~3穴を選穴する。


重症の場合、グループ3から2~3穴を選穴する。

〇追加穴
しつこい発熱があるもの:大椎、曲池、十宣、耳尖
胸悶、息切れがあるもの:内関、列缺、巨闕、期門、照海
咳、喀痰があるもの:列缺、豊隆、定喘
下痢、軟便があるもの:天枢、上巨虚
黄色の粘調な痰、下痢があるもの:天突、支溝、天枢、豊隆
微熱、嘔気、軟便、淡紅舌、白膩苔:肺兪、天枢、腹結、内関



【回復ステージ】


コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18304084.jpg



〇主要穴
内関、足三里、中脘、天枢、気海


〇追加穴
胸悶、息切れなど呼吸器症状があるもの:膻中、肺兪、中府
食欲不振、下痢など消化器系の症状があるもの:上脘、陰陵泉


※気虚、陰虚などの症状を呈するもの
疲労、息切れがあるもの:膻中、神闕
ドライマウス、口渇があるもの:太渓、陽池
動悸があるもの:心兪、厥陰兪
多汗があるもの:合谷、復溜、足三里
不眠があるもの:神門、印堂、安眠、湧泉


※肺気虚、脾気虚をベースにした痰の停滞があるとき
肺、脾、心の症状があるもの(例:胸悶、息切れなど):肺兪、脾兪、心兪、膈兪、中府、膻中
痰がうまく出せないもの:豊隆、定喘


上記の経穴には鍼、灸、マッサージを行う。
鍼:20~30分置鍼。その間に平補平瀉の手技を行う。
灸:10~15分



治療は毎日1回適用する。




あと、SARSの時に行われた治療の経穴が書かれていました。




とにかく、できることをするのが大切です。




何も手をこまねいて感染するのを怯えるのではなく、鍼ができる方は鍼をしたり、ドラッグストアでお灸を買って自分でツボを調べてやってみたり、それもできなければ、指圧でツボを押してみたり、とにかくできることをやりましょう。



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_16510705.jpg



東洋医学は免疫力を高める治療です。




つまるところ、新型コロナに勝つのは人間の免疫力しかないのです。




ワクチンも免疫力を利用していますし、新薬だってそもそも免疫力があっての話です。人間の免疫力の土台がなければ、いくら有能な新薬でも焼け石に水です。それはインフルエンザ薬とて同じことです。




ですので、みなさんも「ただ、感染しないようにウイルスから逃げている」ばかりではなく、生活習慣、食習慣などを変えたりすることも含めて、ご自身のお体をウイルスに勝つよう改善してみるのはいかがでしょうか?



コロナ、逃げるだけ? まだ、できることはある! ~中医学からの提案~_a0070928_18222354.jpg

by firtreeSeikotsu | 2020-04-12 16:15 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
猫背、反り腰、お腹弱い? 浅い!浅すぎる! ~産後の変化は多様~_a0070928_23385458.jpg

こんにちは。




神戸市北区にある産後ケア専門知識のある整骨院、もみの木整骨院です。




新コロナウイルスで混沌としていますね。




さて、産後の変化として、よく言われる言葉があります。


・猫背
・反り腰
・お腹のインナー弱化

この三つは本当によく言われています。




ただ、これだけで産後を語るには、浅すぎる!




これは医療関連ではなく、素人の方もご存じの内容です。




これで、猫背矯正が必要ですよとか、お腹のEMSをやりましょう!というのはいかがなものか・・・。



というのも、誰でも産後なら大抵はそうなるからですよ。



「巨人、大鵬、卵焼き」




これは昭和時代(1960年代)の子供たちに人気のものの代名詞として使われた言葉でした。




「猫背、反り腰、腹筋弱化」




これは産後の方が経験する変化の代表です。




ただ、猫背、反り腰があるから・・・という理由では施術は受けないでください。




これは産後の皆さんが経験するかもしれない変化ですが、みなさんではありません。




しかも、どう「猫背」なのか? シングルカーブかダブルカーブか? 猫背角度は? そもそも背中の問題か? 腹筋に電気を当てて解決するのか?




反り腰とはいえ、腰が本当に反っているのか? 反っているのは仙骨か? 寛骨か?




腹筋弱い? じゃあ、EMSをセールスする? それとも、クランチを指導する? ドローインを指導する? なぜそうする?




産後の典型的な変化とはいえ、その分類は細分化しています。ですから、単に「猫背、反り腰、腹筋弱化」で施術は「浅すぎる!」んです。それ以降の施術がうまくいかない可能性がありますから。




だから、「産後の変化がありますよ」と言われて施術を受けたがよくならないという方が当院にいらっしゃっています。




当院はちゃんと検査をしてから、施術を開始します。




この「ちゃんとした」というところが最重要なのです。




ちゃんと変化と原因を突き止めて、それに効率的な施術を行うことで、産後のトラブルは解決します。




そんな検査がこれです!



猫背、反り腰、お腹弱い? 浅い!浅すぎる! ~産後の変化は多様~_a0070928_23420774.jpg

もし、産後の変化でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ産後の検査をお受けください。産後ドックはこちら




by firtreeSeikotsu | 2020-03-26 22:38 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
猫背、反り腰、お腹弱い? 浅い!浅すぎる! ~産後の変化は多様~_a0070928_23385458.jpg

こんにちは。




神戸市北区にある産後ケア専門知識のある整骨院、もみの木整骨院です。




新コロナウイルスで混沌としていますね。




さて、産後の変化として、よく言われる言葉があります。


・猫背
・反り腰
・お腹のインナー弱化

この三つは本当によく言われています。




ただ、これだけで産後を語るには、浅すぎる!




これは医療関連ではなく、素人の方もご存じの内容です。




これで、猫背矯正が必要ですよとか、お腹のEMSをやりましょう!というのはいかがなものか・・・。



というのも、誰でも産後なら大抵はそうなるからですよ。



「巨人、大鵬、卵焼き」




これは昭和時代(1960年代)の子供たちに人気のものの代名詞として使われた言葉でした。




「猫背、反り腰、腹筋弱化」




これは産後の方が経験する変化の代表です。




ただ、猫背、反り腰があるから・・・という理由では施術は受けないでください。




これは産後の皆さんが経験するかもしれない変化ですが、みなさんではありません。




しかも、どう「猫背」なのか? シングルカーブかダブルカーブか? 猫背角度は? そもそも背中の問題か? 腹筋に電気を当てて解決するのか?




反り腰とはいえ、腰が本当に反っているのか? 反っているのは仙骨か? 寛骨か?




腹筋弱い? じゃあ、EMSをセールスする? それとも、クランチを指導する? ドローインを指導する? なぜそうする?




産後の典型的な変化とはいえ、その分類は細分化しています。ですから、単に「猫背、反り腰、腹筋弱化」で施術は「浅すぎる!」んです。それ以降の施術がうまくいかない可能性がありますから。




だから、「産後の変化がありますよ」と言われて施術を受けたがよくならないという方が当院にいらっしゃっています。




当院はちゃんと検査をしてから、施術を開始します。




この「ちゃんとした」というところが最重要なのです。




ちゃんと変化と原因を突き止めて、それに効率的な施術を行うことで、産後のトラブルは解決します。




そんな検査がこれです!



猫背、反り腰、お腹弱い? 浅い!浅すぎる! ~産後の変化は多様~_a0070928_23420774.jpg

もし、産後の変化でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ産後の検査をお受けください。産後ドックはこちら




by firtreeSeikotsu | 2020-03-26 22:38 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11135863.jpg


こんにちは。




最近、新コロナウイルスの感染拡大で国民が恐れからさまざまな行動に走っています。




その報道が連日テレビを賑わして、もううんざりしているところです。




さて、当院は運動器を中心に施術をしている「整骨院」ですが、実はメンタル系や不定愁訴(病院では治らないもの)でお悩みの方への施術も行っています。




近年よく「〇〇〇専門治療院」というHPや看板を目にします。ですが、分野を限定してしまうと、広い視点が持てなくなり、どうしても自分の専門分野からの視点で患者さんを治療してしまうので、原因が違うところにある場合、治療は泥沼にハマって、一番起きてほしくない「いつまでも治らない」ということが起こります。まさに木を見て森を見ず、です。


私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11320265.jpg




当院は、ノウハウや研究・実績は多岐に渡りますので「専門」という狭い分野ではなく、広い視点からみなさまのお体をお預かりできるのです。広い視点から疾患原因を絞り込んでいき、そこから初めて「専門施術」ができるのです。




当院のコンセプトは「総合診療科」のような見方から、「専門科」へと一つの治療院内で、一人の施術者で行うことです。




このように、狭い専門の視点で見ていると良く分からない症状をお持ちの方が、最近続けて数名いらっしゃったので、簡単な見方をご紹介します。




当院は運動器専門だと思われるような看板「〇〇整骨院」を掲げていますので、どうしても運動器の愁訴でいらっしゃいます。



肩こりで、、、、

首が痛くて、、、

腰がだるくて、、、


これらは多い愁訴です。他に、


頭が痛い、、、

手が震える、、、

足が前に出にくい、、、

めまいがする、、、

耳鳴りがする、、、


などもあります。




西洋医学ではこれらの愁訴から、いきなり絞り込んでいきます。整骨や鍼灸、整体も同じようなものでしょう。




ですから、他の症状が見えてこないのです。その結果、なかなか治らない、、、。




例えば、運動器の愁訴でいらした方も、よくよく話を聞けばその運動器の愁訴以外にも内科系の問題を持っている方がいらっしゃいます。




さらに、一つや二つの愁訴ならいいのですが、肩や首のこりから始まり、めまい、耳鳴り、頭痛、食欲不振、疲れ、腰痛、胸悶など多彩な症状が出てくる方もいらっしゃいます。


私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11243733.jpg



これら一つ一つを追いかけますか?




一つ一つに対する薬を飲みますか? それこそ薬害になります。




こんなに愁訴があれば、メンタルもふさぎ込みます。そこで抗うつ薬を飲みますか?


私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11234455.jpg



そんなことをすれば泥沼にはまり、それこそ抜け出せません。






そもそも、愁訴が複数になり、多彩な症状を呈すことは人の体のメカニズムからするとおかしいです。



私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11371262.jpg



愁訴が最初に始まったのはいつで、どの愁訴から始まったのか?




その愁訴が起こる前には何をしていたのか?




それをしっかりと突き詰めないと、ただ硬いから揉む、耳鳴りだから耳に鍼を打つ、頭が痛いから頭痛薬を飲むことをしたところで、いたちごっこです。




こんなことをしただけで治るのは軽傷の軽傷、自然治癒力で治る人です。




根が深いと、原因が取れなければ症状は一時的に取れた気がしますが、またぶり返します。




病院で精密な検査をしても原因が分からない多彩な症状を呈する時、身体では何が起こっているのでしょうか?




患者さん自身はご自身を「異常」だと思っているかもしれませんが、安心してください。




「あなたの体は正常です」




なぜそう言えるのでしょうか? これだけおかしな症状が体中に出るのになぜ「正常」だと言えるのか?




それは「あなたの体が何とかしてあなたの活動を止めようとしている」からです。




このままの状態を続ければ危険であると、身体は教えてくれているのです。




むしろ、健康だと言えます。危険を知らせるアラームが正常に働いているのですからね。




では、なぜこのようなアラームが鳴るのでしょうか?







人の先祖はサルらしいです。二足歩行の前は四つ足動物でした。その前は、、、。


私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11361068.jpg



人もまた下等動物だったのですね。下等動物だった時の「本能」の脳も人間は持ち合わせています。





ところが、人は「知性」や「理性」を自身の中で発達させてきました。




この「知性」や「理性」がやっかいなのです。




「理性」VS「本能」



私の視点 ~本来の自分を抑え込むから不定愁訴のオンパレードになる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_11512226.jpg

完全に負けます(笑)





この闘いが繰り広げられます。ダイエット中に「食べてはいけない(理性)」ことは分かっているのに気づいたら「食べてている(本能)」ことはないですか?




これは本能に理性が負けた状態です。




では、逆に死刑囚の死刑執行ボタンを押す仕事をしていると仮定します。





毎日、毎日押したくないボタンを押さなければいけません。仕事ですから。「押したくない(本能)」のに「押さないといけない(理性)」から押します。




これは本能を理性が抑え込んだ状態と言えます。





みなさんはどこかで深層心理のほうが何千倍も顕在意識よりパワーがあるって聞いたことはないですか?





つまり、理性が本能を抑え込んでも、本能にはすごいパワーがあります。





そこで抑え込まれた本能は何かしらの徴候を示してきます。今の状態は良くないぞ、と。





それで眠れなくなったり、頭が痛くなったり、めまいがしてきたり、、、。




病院へ行って検査をしても別段病気ではない、と言われる。




そこで不定愁訴を止める薬をもらう。これで治ると思いますか?




本能にはすごいパワーがあるのですよ。たかが薬でそのパワーに勝てると思いますか?




薬でそのパワーを抑え込み続ければどうなるか分かりますか?




どんどん本能からの訴えが続きます。つまり、不定愁訴のオンパレードになるわけです。




ですから、一番しなければいけないのは、本能に耳を傾けることです。




本来の自分をきちんと見つめて、その声に従ってあげることなのです。




本来の自分を取り戻せれば、愁訴は立ちどころに消えていきます。




なぜかって?




そもそも、あなたは何も問題はないのです。薬など必要なかったのです。




ちゃんとアラームがなる正常な体なのですから。




当院では愁訴がない状態へと導くお手伝いをしております。





by firtreeSeikotsu | 2020-03-04 08:50 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
私の視点 ~反り腰の体操 それ、効いていますか?~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_14065001.jpg


こんにちは。




新コロナウイルスの騒動はいつまで続くのでしょうか。




当院は遠くからいらっしゃる方が多いので、公共交通機関を利用しないといけない方もいらっしゃいます。




今こんな状況ですから、マスク着用、アルコール消毒は必ずお願いします。


産後のお母さんは反り腰・猫背になるというマニュアルがどこかにあるのか、産後のお母さんは反り腰でもないのに反り腰だと言われたり、猫背でもないのに猫背だと言われたりしている方が、当院へいらっしゃいます。




確かに、反り腰・猫背になる方は多くいらっしゃいます。しかし、ちゃんと胸椎角を測っての猫背という判断ならまだしも、立位の横から写真を撮って写真とにらめっこしても骨盤が反っているとか、猫背だとかはちゃんと判断できない。




多くの方が反り腰・猫背にはなると言いましたが、みんながみんなそうにはならない。




たぶん、どこかにそんなマニュアルがあるのでしょう。当院にはそんなマニュアルはない。一人一人違うからです。




猫背なら頭部と胸椎の位置関係や、胸椎角を取って判断する。単なる胸椎カーブだけでは判断しない。




反り腰って、骨盤のASISとPSISを結んだ線の角度から分かるのでしょうか?




それは寛骨の角度であって、腰の角度ではないでしょう(笑)




このままいくと、詳しい話になるので、ここまでにして、今日は腰が反っているからと言われて教えられる「腰椎体操」について書きます。




さて、反り腰に対する腰椎体操とはこんなやつです。


私の視点 ~反り腰の体操 それ、効いていますか?~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_14083776.jpg



これはウィリアム体操と呼ばれる体操の一つです。腰が反っているから、その反り腰を伸ばせばいい、という単純な発想です。





ちなみに、マッケンジー体操とは逆ですね。



私の視点 ~反り腰の体操 それ、効いていますか?~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_14090545.jpg


これは反り腰の方がやると、余計に反りを進行させてしまいますのでご注意を。





さて、反り腰用のこの体操、本当に効くのでしょうか?





腰椎が反っているから伸ばすという、単純な発想で体はできていませんので、悪しからず。





この体操では、仙腸関節のメカニズムを無視しています。





この体操による仙骨の動きが引き起こす現象を無視しているのです。





無視したせいで、この体操をすると仙腸関節が不安定になります。不安定を作っている体操なのです。





ただ、人の体は賢いので、また反り腰を作って元の安定した位置まで戻ろうとします。





ゆえに、ただの反った腰のストレッチにしかならないのです。





人の体は部品で成り立っているのではありません。それぞれ隣接した関節同士がうまく関係性を保ちつつ、今一番いい状態を保っているのです。





ですから、腰なら腰、股関節なら股関節などと分離して考えて、単純な運動を処方しても、効果はありません。





運動器を見る医療施設(病院やクリニック、整骨院、鍼灸院、整体院、スポーツジムなど)で人の体を見る方は、運動連鎖(キネマティックチェーン)を理解しているのが必須ですね。


by firtreeSeikotsu | 2020-02-29 14:10 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
私の視点 ~首をマッサージ? 血管、リンパをつぶしてますよ~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_23335133.jpg

こんにちは。



神戸市北区で根本治療を追及する整骨院、もみの木整骨院です。



みなさん、マッサージを受けて逆に悪くなったことはありませんか?



当院でも自分でマッサージをして悪くなった、あるいは町のマッサージや整骨院でマッサージされて悪くなった方が時折ご来院されます。



よくよく話をお聞きすると、



① ちゃんと問診していないパターン
例)腰椎すべり症の方の腰をうつぶせで思いっきり上から押している。


② 硬いところを骨か筋肉だと決めつけているパターン
例)前腕をマッサージしていて正中神経を「すじ」だと勘違いしてゴリゴリしている。


③ そもそも解剖学が分かっていないパターン
例)首などの血管や神経、リンパ節などがある場所を理解していない。



さて、今回のパターンはご自身で首のコリにたまりかねて、押し棒を使ってコリをほぐそうとしてグリグリやってしまった方です。



首を挟むようなVの字をした押し棒がありますね。



それで、首のコリをほぐそうと、グリグリされていました。



それも首の横側です。

私の視点 ~首をマッサージ? 血管、リンパをつぶしてますよ~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_23344539.png

下の写真を見てください。横から見た図です。気持ち悪いですか?



さらに、クローズアップした図です。


私の視点 ~首をマッサージ? 血管、リンパをつぶしてますよ~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_23345439.png

青い管は静脈、赤い管は動脈、緑のツブツブはリンパ節です。




このようにとても大切な組織がギュッとつまっているところを押し棒で「ぐいぐい」と押したらどうなるか、、、。




その患者さん、セルフでぐいぐいマッサージしてから、首から腕がだるくてだるくて何かあったのでは?と整形外科に行ったのです。




レントゲンを撮って、もちろん何もない。




整形の先生からは湿布を出されて、ほっといたら治るだろうと言われただけだった。



そして、当院にいらっしゃった。つぶれたリンパ節は修復するまで時間がかかる。それまで、循環は渋滞する。



だるくなるのも無理はない。



このように、凝っているからといってどこでも押せばいいってもんじゃない。



今回は医療のことはご存知ない方がご自身でされたことなので仕方がありませんが、実はこのようなことは町のマッサージ屋さんとか、整骨院・接骨院などでも起こっていることなのです。



どこでも押せばいいってもんじゃない。押す力も強けりゃいいってもんじゃない。



自分が自分にするのなら自己責任ですが、医療関係者がこのような打撲を作っておいて「揉み返しです」「好転反応です」と、さも自分が悪くないかのような言い訳をするのは情報化の現代ではすぐにバレてしまうだろう。

by firtreeSeikotsu | 2020-02-20 21:32 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_19395719.jpg
こんにちは。




2020年が始まりました。今年は日本でオリンピックが開催される特別な年です。



さて、私たちが「腰を動かす」と言えば、みなさんは腰を回したり、捻ったりするイメージをお持ちではないでしょうか?



ただ、腰が動くのは・・・


腰の運動方向は3方向です。



前後
左右
回旋



この3つと、これらが組み合わさってできる運動です。基本的にはこの3つの動きから成っています。




前後とは、前屈・後屈とも言われ、立位から膝を曲げずに手を床につける動作が前屈、腰からお尻辺りに手を当てて上体を反らすのが後屈という動作です。


私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20073723.jpg
前屈

私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20075638.jpg
後屈(?)



ここまでやらなくてもいいです(笑)




左右とは、側屈と言われます。立位から身体を真横に倒す動作です。


私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20091671.jpg

回旋とは立位のままで上半身を左右に捻る動作です。


私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20100705.jpg


さて、これらの動きは腰だけで行っている訳ではなく、身体全体で行っています。



ですので、腰も動いてはいますが、その割合が異なります。

私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20223737.png


上の絵は骨盤と腰椎を右後ろから見たものです。



この腰椎をアップにします。


私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20235234.png
赤丸のところは、上の腰椎と下の腰椎が関節を作っている「椎間関節」と呼ばれるところです。



この形状が大きく影響します。



この関節面のせいで、前屈や後屈はできますが、腰椎が回旋することがほとんどできない構造になっているのです。





腰を捻るイメージがあるのは、ゴルフではないでしょうか。


私の視点 ~捻ると痛い腰は腰は悪くありません~ 神戸市 三田市 西宮市から多数来院 もみの木整骨院_a0070928_20331751.jpg
こんな感じです。



このゴルファーも腰を捻っているようですが、ほとんど捻っていません。



彼の体が回旋しているのは、胸椎と股関節で回旋しています。



ですから、腰を捻ると痛いと言われる方に共通して言えるのは、胸郭と股関節の動きが悪いということです。



この動きの悪さのせいで、腰椎の椎間関節に負担がかかっているのです。


関節の動きを科学した学問が関節運動学と言います。



人の体の動きを無視して、痛めた腰椎だけを治療しても結果がよくありません。



痛いところに原因はない!



本当の原因を突き止める施術を行っております。










by firtreeSeikotsu | 2020-01-24 20:37 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
私の視点 ~knee-in現象からスポーツ障害をみる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_13330576.jpg

  • knee-inとは

スポーツのシーンでは膝の障害・外傷は珍しくありません。



膝がなぜ悪くなるのでしょうか?



悪くなる現象として、目に見えるものにknee-in現象があります。これは膝が通常の位置より体の内側に入ってしまう現象です。


私の視点 ~knee-in現象からスポーツ障害をみる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_13460855.jpg


このknee-in現象があると、以下のような障害・外傷等が起こりやくすなると言われています。


私の視点 ~knee-in現象からスポーツ障害をみる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_13461935.jpg



  • 膝前十字靭帯損傷
  • 膝内側側副靭帯損傷
  • 膝蓋骨亜脱臼症候群
  • 膝蓋大腿関節症
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • オスグッド病
  • 分裂膝蓋骨
  • 半月板損傷
  • パフォーマンスの低下


膝の痛みを抱えてスポーツをされているなら、まずはknee-inがないかどうかをチェックしましょう。




【チェック方法】


  • 踏み出しテスト
  • フロントランジ
  • 片側スクワット




【評価】

  • Q-Angleの増大
  • 患側の過剰な骨盤前方回旋




原因は何か?

もし、knee-in現象があった場合、膝に対していろんな治療を施したところで治りはよくありません。



治療をしているのにいまいち治らないということが起こります。



なぜか?



それは膝は最後にストレスを受け止めている結果であって、原因ではないからです。



原因として考えられること ※足関節や股関節自体などに問題がない場合、



  • 殿筋の弱化
  • 体幹筋の弱化
  • 股関節の伸展制限
  • 肩甲帯の機能低下


上述した原因をそれぞれ検査、特定します。



弱化に対してはストレングスを行います。



伸展制限にはストレッチ等にてROMの獲得をします。



機能低下には協調運動などを用いて代償運動に気をつけて運動補正を行います。




  • 膝の痛みは膝には問題はありません

膝の痛みを訴えて、膝に湿布やサポーター、テーピングを行う方がたくさんいらっしゃいます。



しかし、これらはすべて原因に対処するものではなく、応急処置のようなものです。



体は運動連鎖によりつながって動いています。



ですので、連鎖を正しく整えれば、膝にかかる負担が減少して、痛みは自然に消えていきます。



本来の動きを取り戻して、障害・外傷を克服することこそがみなさんの求めている「治療」ではないでしょうか?



我々はそんな本当の改善を目指していらっしゃる方へのお手伝いをしています。


私の視点 ~knee-in現象からスポーツ障害をみる~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木整骨院_a0070928_13381369.png






by firtreeSeikotsu | 2019-12-21 13:40 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
私の視点 ~下部肋骨疼痛症候群~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木治療院_a0070928_01145329.jpg

こんにちは。




今回はテレビ放送されたテーマからです。





『〇けしの家庭の医学』という番組がありますね。普段はほとんど見ないのですが、たまたまテレビがつけてあったので、見ていました。





そこには耳慣れない『下部肋骨疼痛症候群』という言葉が出ていました。




私の視点 ~下部肋骨疼痛症候群~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木治療院_a0070928_01294977.jpg


患者さんは腹部に鋭い痛みを訴えて病院へ行きました。






徒手検査をしても分からない。






CTやMRIなど画像でも原因が特定できない。もちろんレントゲンでも分かりません。






神経的なものでもない。






なかなか痛みがひかず、どんどん悪くなるので、その患者さんは別の病院へ行きました。






そしてセカンドオピニオンの先生が見つけました。


私の視点 ~下部肋骨疼痛症候群~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木治療院_a0070928_01293688.jpg



問診で「子供の寝顔を見るのが楽しみだ」という患者さんの一言からでした。


私の視点 ~下部肋骨疼痛症候群~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木治療院_a0070928_01292508.jpg




おそらく患者さんは添い寝をして、同じ方向にばかり寝ているのではないのか?と先生は推測したのです。







やはり、原因は子供の添い寝をしていて、片方の側臥位(横向けに寝る姿勢)を取っていたことによる「真肋と肋軟骨のズレ」でした。







下の絵にある〇を見てください。

私の視点 ~下部肋骨疼痛症候群~ 神戸市 三田市 西宮市のもみの木治療院_a0070928_01204082.jpg

これは肋軟骨(軟骨でできている肋骨)と肋骨(通常の白い骨)のつなぎ目です。







ここはよくずれる場所で当院でもよく扱います。






スポーツで衝突したり、スキーやスノボで転倒したり、またはゴルフのスイングで無理がかかったりなどで、簡単にズレが生じます。






マッサージ店などで強く押されて起こることもあります。






病院での治療とは「痛み止めの注射と、患部に負担をかけない生活指導」でした。






しかし、柔道整復師の資格を持つ当院のスタッフは、ちゃんと整復します。






肋軟骨と肋骨のつなぎ目を整復して、ズレないように処置します。






我々の仕事では特別驚くことではないのですが、痛みが「腹痛」に感じていて、無駄に内科に行ってしまったことでした。






いくら当院で扱う障害であるからといって、患者さんが腹痛と感じて整骨院に来院しようと思いもよらなかったら、扱えるのにどうしようもありませんね。






こういう残念な障害も、この現代にはたくさんあると思います。






病院偏重のテレビ放送ですが、このブログを読んで、もっと柔道整復師の仕事のすばらしさを知って欲しいと思います。






by firtreeSeikotsu | 2019-07-02 23:12 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)