人気ブログランキング |

腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

カテゴリ:産後トータルケア( 37 )

a0070928_14342675.jpg


こんにちは。




神戸三田で産後ケアのパイオニア、mamaNEXTです。




骨盤矯正だけで産後の変化は戻らない、ということは常識になりつつあると思います。




筋の機能を回復しなければ、もちろんお腹はぽよ~んとしていますし、力が入りにくい、動きがおかしくなります。




そこで、インナートレーニングを併用する産後ケアが最近出てきています。





あなたは、インスタグラムやYouTubeの動画などを見て、見様見真似でやっていますか?





それともトレーナーの方についてもらってトレーニングしていますか?





どちらにせよ、インナートレーニングをやったつもりになっていることがかなり多くあります。


a0070928_14450650.jpg



どういうことかと申しますと、産後はインナー筋の機能がかなり落ちます。





これは妊娠しかたらですね。





そこで弱ったインナー筋の代わりにアウター筋が働くようになるのです。





すると、動きがおかしくなり、姿勢が悪くなり、痛みが出たり、、、と良いことはありません。





それで、インナートレーニングをやろう!ということになるみたいですね。





インナートレーニングと言われる「スタビライジング」系のトレーニングなど、ネットで情報が溢れています。





やろうと思えば、スマホひとつで今すぐできますよ。



a0070928_14551008.jpg




トレーニングをやっていると、最初はぜんぜん持ちこたえられなかった姿勢が楽にできるようになったり。





また2~3回するのがやっとだった反復運動も、10回どころか20回、30回できるようになったり。





そこで「インナー筋」がついてきたな!





と喜ぶわけですが、、、。






a0070928_15053228.jpg





実際、調べたことってありますか? あなたのインナー筋が働いているかどうか。





ひょっとしたらアウター筋が肩代わりしているだけかもしれませんよ。





そのアウター優位の状態でず~っと動いていると、バランスが悪くなり、結果的に姿勢の崩れ、痛みなどが出てきます。





臓器の下垂だって起こりますので、内科にかかるような病気になるかもしれません。





これは、形にばかり囚われて、本質を調べていないから起こることです。





安心してください。当院ではちゃんと調べます。





定量化します。可視化します。




a0070928_14562359.jpg

これは腹部のアウター筋とインナー筋が描出されています。





一応産褥体操のエクササイズしてきた、この産後の方にインナー筋を動かしてもらうように指示しました。




a0070928_14572012.jpg

ん~、どうしてもアウター筋ががっつり働いてしまっています。





これでは、いくらトレーニングしてもインナーは働きませんね。





外から見ている動きだけでは分かりません。こうやってちゃんと検査をしてはじめて分かるんですね。





こういう判断ができて、次に行うトレーニングの種類ややり方の注意がはっきりしています。




医療は「問診、検査、診断、治療」というプロセスからなっています。





代替医療では、このうち「検査」が科学的ではないという欠点があります。





当院ではちゃんと「科学的検査」を行って、みなさんのお体がちゃんと戻るのをサポートしています。





もしちゃんと産後のケアをしたいという方は、ご遠慮なくご相談ください。


a0070928_15020209.jpg






by firtreeSeikotsu | 2019-08-18 01:03 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_01465688.jpg

こんにちは。




暑くなってきましたね。赤ちゃんを連れての外出はくれぐれもご注意ください。




当院の産後コースにはセッションが組み込まれています。




単なるインナートレーニングではなく、産後のお母さんに特化したトレーニングです。




今、世界中で行われている研究の数々の中から厳選してお仕えしております。




先日、PubMedで論文検索していると、カイロ大学(エジプト)の方の論文がありまして、非常に興味深いことが書かれていました。




世界を見渡せば、研究者の方々は産後の女性の健康を守るために日々研究をされています。




その恩恵をインターネットで知れるというのは、便利な世の中になったものですね。



さて、8月のセッションがやってきました。




8月28日㈬

12:30~14:30 Day2
テーマ「骨盤底筋群」

a0070928_19295918.jpg


15:00~17:00 Day1
テーマ「ぽっこりお腹」

a0070928_11122572.jpg


【用意していただくもの】

〇動きやすい服装

〇ファイル ※前回にお渡しした方のみ

〇フェイスタオル

※便宜上、テーマを設けてありますが、Day1とDay2でコア機能の回復が完成します。どちらか一方だけのご受講はご遠慮願っております。



a0070928_00265104.jpg
a0070928_12595207.jpg
a0070928_12594034.jpg

by firtreeSeikotsu | 2019-07-26 20:45 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_00062871.jpg

だんだん暑くなってきましたね。




産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboもますます熱く皆様をサポートしています!





さて、7月のセッションのご案内です。



ご予約をいただこうにも、キャンセル待ちの状態が続いており、誠にご迷惑をおかけしています。




セッションは当院だけの試みで、みなさまに知識をつけていただいて、インターネットなどにあふれる情報から、正しいものを選択できるようになってもらっています。



このような取り組みは日本広しといえど、ほぼないと思います。



2019年7月24日㈬

Day1 ぽっこりお腹を解消しよう!
12:30~14:30

Day2 骨盤底筋を鍛えよう!
15:00~17:00


【用意していただくもの】

〇動きやすい服装

〇ファイル ※前回にお渡しした方のみ

〇フェイスタオル

※便宜上、テーマを設けてありますが、Day1とDay2でコア機能の回復が完成します。どちらか一方だけのご受講はご遠慮願っております。




a0070928_11122572.jpg


a0070928_01035260.jpg

a0070928_20060287.jpg












by firtreeSeikotsu | 2019-07-07 14:04 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_22170436.jpg



こんにちは。




神戸市、三田市、西宮市で産後ケアのパイオニアである FirtreeLabo です。




2019年6月19日にセッションを行います。




最近はキャンセル待ちの方が後を絶ちませんので、メールでお問い合わせをお受けしても、ご予約ができない状態です。




もし、セッションにご参加ご希望の方は、直接お電話ください。



a0070928_22231610.jpg

a0070928_22241745.jpg

a0070928_22243955.jpg



2019年6月19日㈬

Day2 骨盤底筋を鍛えよう!
12:30~14:30

Day1 ぽっこりお腹を解消しよう!
15:00~17:00

持ちもの:
・筆記用具
・ファイル(前回出席された方)
・動きやすい服装
・フェイスタオル



a0070928_20060287.jpg

by firtreeSeikotsu | 2019-06-09 22:27 | 産後トータルケア | Comments(0)
こんにちは。




神戸市、三田市、西宮市で産後ケアのパイオニアである FirtreeLabo です。




2019年5月29日にセッションがあります。




最近はキャンセル待ちの方もかなり増えておりますので、メールでお問い合わせをお受けしても、ご予約ができない状態です。




もし、セッションにご参加ご希望の方は、直接お電話ください。



a0070928_00230264.jpg

2019年5月29日㈬

Day1 ぽっこりお腹を解消しよう!
12:30~14:30

Day2 骨盤底筋を鍛えよう!
15:00~17:00

持ちもの:
・ファイル(前回出席された方)
・動きやすい服装
・フェイスタオル



a0070928_20060287.jpg


by firtreeSeikotsu | 2019-05-20 19:56 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_16163008.jpg



こんにちは。






神戸市、三田市、西宮市で産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboです。






今日から令和が始まりましたね。






皆さんは何か新しいことにチャレンジしますか?






今回はみなさんからよく言われる疑問についてお答えします。






「帝王切開だから骨盤は開かないんじゃないの?」という疑問です。




〇「帝王切開では骨盤は開かない」信者さんへ




帝王切開でご出産された方は、骨盤が開いてないんじゃないか、と思っていらっしゃいます。




a0070928_16184043.jpg


分かります! そりゃ、そう思うのも無理ありません!






自然分娩と比べて、赤ちゃんが膣をくぐりぬけてくるとき、小骨盤にいた赤ちゃんがママのお尻をぐいっと広げて出てきます。






このせいで、お尻が広がってぺた~んとなったり、お尻が四角くなってしまった!気がするようになるのです。※「気がする」だけではありません!







もちろん、帝王切開では赤ちゃんが出てくる最後の一撃!はありません。






知っていただきたいのは、骨盤を広げる力は赤ちゃんがお腹の中にいる時に、すでにかかっているのです。





ただし、赤ちゃんが大きくなるから骨盤も大きくなる!というようなものだけではないですよ。その他にたくさんお尻の形をへんな風に維持する力があるんです。






〇帝王切開での骨盤の開き





このブログをお読みいただいている方なら、もうご存知でしょう。






骨盤の開きは自然分娩の最後の瞬間に作られるものではありません。






妊娠中に赤ちゃんが骨盤の上にのっかっています。徐々に出産に向けて開いていくのです。



a0070928_16234418.jpg





さらに、妊娠中に姿勢のバランスが崩れて、それを支えるための股関節や膝関節の位置が変化し、そのため骨盤が開くような力学が働きます。







その中で、身体を柔らかくするホルモンが出ます。






するとどうなるでしょう? 骨盤は開きます。






帝王切開での出産後、何が残ると思いますか?






妊娠中に起こった骨盤の変化と関節の位置です。






特に「関節の位置」が骨盤を開く力学が働きますので、この変化が残る限り、骨盤を開こうとする力がかかり続けます。





a0070928_16242991.jpg





〇産後の骨盤矯正だけでは戻りきらない





ということは、骨盤を締めるだけでいいのか?という疑問がわきます。






開いた骨盤を締めるのはいいのですが、その場だけの解消になるのです。






というのも、この関節の位置が「骨盤を開く力」になってしまうからです。






ですので、骨盤を締めるのはいいのですが、それだけなら「産後のベルト」「腹帯」などで締めとけばいいのです。






それだけでは改善しないので、当ラボにはたくさんの産後ママさんがいらっしゃっています。






「ちゃんとした産後ケア」は「産後の骨盤矯正」のような、片手間なものではなく、トータルで産後の変化からくるマイナートラブルを防ぐものなのです。






骨盤底筋の弱化もあります。



a0070928_16264141.jpg


腹直筋が離開しているかもしれません。




a0070928_16273164.jpg





妊娠中に横隔膜が弱り、呼吸パターンが崩れているかもしれません。




a0070928_16274875.jpg






横隔膜の動きが弱くなるとどうなるか分かりますか?






内臓への影響は計り知れません。






ですので、決して「産後の骨盤矯正」や「産後矯正」のような、骨だけの矯正だけで満足しないでください。







〇帝王切開の方にもちゃんとしたケアを





ですので、出産形式が「自然分娩」であろうと「帝王切開」であろうと、ちゃんとした産後ケアは必要です。






「骨盤矯正」だけなら必要ないでしょう。






それは先ほども申し上げたように、「骨盤矯正」は「産後ケア」の中のごく一部の要素だからです。






妊娠中の変化からくるマイナートラブルはさまざまな分野にわたります。運動器、内臓、心理などに及びます。






子供を産むという一大事を成し遂げたママです。さらに、その後の育児もあります。






そんなママにその後の人生、マイナートラブルで悩まさせるのは、ご主人さんの本意ではないはずです。






日本の未来を作っていく子供を出産してくれたママさんたちを、この社会全体で守っていければいいと常々考えている当ラボです。







産後のケアを本気でお考えの方は上の写真をクリック!


by firtreeSeikotsu | 2019-05-01 16:30 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_08545310.jpg

こんにちは。




神戸市、三田市、西宮市で産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboです。




今回は「産後骨盤矯正って、最後の子供を産んでからでいいんじゃないの?」という疑問です。




〇産後の変化とは




産後の変化とは、妊娠中に作られるものがほとんどです。


a0070928_08554777.jpg


妊娠中は、お腹の赤ちゃんの重さで姿勢が変わります。




そのせいで、使う筋肉のバランスが変化します。




大きくなる子宮のせいで、腹腔内の内臓の場所に変化があります。




もちろん、ホルモンバランスも崩れます。




このように、そのほとんどが妊娠中に作られるのです。




産後の変化とは妊娠中の変化といってもいいくらいです。





〇そして悲しき出産後




無事、赤ちゃんは生まれた。




名前もつけて、役所にも届けた。




両親や兄弟、友人たちから祝福された。




しかし、この変わった身体はどうしたらいいの???




という産後のママさんはたくさんいらっしゃいます。




出産までは割と時間があり、〇〇〇クラブなどの雑誌に目を通したり、出産の情報をネットで調べたりと、知識を探そうとすれば簡単に手に入ります。




しかし、出産後は育児に忙しく、雑誌を買うことも忘れ、何かおかしいけれど、目の前の赤ちゃんの育児に家事に目まぐるしく、自分の身体がおかしくなったのをほったらかしにしがち。




そうです。おかしくなっています。




お腹に力は入らない。腹筋すりゃいいってもんじゃない。




骨盤がぐらぐらして安定しない。ベルトを巻きゃいいってもんじゃない。




腰は痛い、手首や肘も痛い。湿布を貼ってりゃ治るってもんでもない。




そうなんです。産後は変化した身体に何かおかしいと思っていてもそのままにしがちなんです。




だって、かわいい赤ちゃんが一番なんですもの。






〇変化をほったらかしにして二人めへ!




そうこうしているうちに、二人めがほしくなって二人め妊娠。


a0070928_08572938.jpg



ところが、一人めの変化は戻らないままの方、戻ったのは体重だけで腹圧は上がらない方、変化し過ぎてボロボロの方、、、さまざまです。





そんな状態で二人めを妊娠するとどうなるか分かりますか?





体重は戻らない。





一人めの時にはなかった新たな痛みが出てくる。





お腹がさらにぽっこりしてくる。





一人めでちゃんと戻していないと、二人めはさらに大きな変化がママを襲います。




そして戻りにくくなるのです。





日本は産後ケア後進国です。





骨盤矯正だけで元に戻るはずはありません。また、インナートレーニングとは、お腹に電気を当てるだけでは無理です。




お腹の電気は、当て方によって腹直筋離開を悪化させますので、気をつけてください。







〇産後ケアはひとり産むごとに必要なもの




産後の変化を放置して、次の出産へ向かうと、戻りにくい身体にわざわざしているようなものです。




ですので、できればお一人ずつ産後ケアをちゃんとしたほうがいいです。というか、すべきです。




これはちゃんと最近の研究を知れば知るほど分かります。




ですので、当ラボは「最後の赤ちゃんを産んでからでいいですよ」という無責任なことは言えないのです。




これは産後のマイナートラブルで悩むママを一人でもなくして、イキイキした育児や人生を送ってもらいたいという当院の願いです。




a0070928_01121229.jpg

a0070928_00493845.jpg



by firtreeSeikotsu | 2019-04-23 09:03 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_00351500.jpg


こんにちは。




神戸市、三田市、西宮市の専門産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboです。




みなさん、身体は何でできていますか?




もちろん、毎日の飲食物が基本ですね。その飲食物が体に良くないものばかりなのに、骨盤矯正やインナートレーニングなど行っても、最大の効果は出ません。




当ラボでは、トータルで産後のママさんのお体をサポートしていますので、食事についてもお話します。



産後の状態とは、、、




赤ちゃんを産むということは、産むだけではありません。




お腹の中で育てて、産むのですね。




これは妊娠しているお母さんの「生命エネルギー」を削って、赤ちゃんをお腹の中で育てているのです。





人にはもって生まれた「生命エネルギー(これを東洋医学では腎精といいます)」があります。





新しい命を育み、そして産む行為は他でもない、この「生命エネルギー」を消耗する他ありません。





ですから、この若々しさも作る「生命エネルギー」が大量に消費されるため、老化が一気に進んだ状態になります。






これを東洋医学では主に「腎虚(じんきょ)」と言います。





この持って生まれたエネルギーを増やすには、食事しかないのです。


a0070928_00501139.jpg




産後、こんな風になっていませんか?


産後は腎虚状態に近いので、若々しさが低下します。





  • 髪が抜ける
  • 白髪が増える
  • 肌にハリがなくなる
  • 目の下にクマができる
  • 目の下がふくらむ
  • 下腹に力がない
  • 手足が冷える
  • 眠れない

a0070928_00545684.jpg



こんな症状は出ていませんか?





これらは骨盤矯正やインナートレーニングなどでどうにかなるものではありません。




東洋医学の栄養学


a0070928_00571226.jpg



以上のような症状がきつく出ている場合は、食事を見直すことをお勧めしています。





身体を作るの材料の基本は食事です。





食事を見直せば、症状は軽くなります。





西洋医学の栄養学もいいのですが、ここは歴史のある東洋医学に分があるようです。





みなさんは五行という考え方をご存知でしょうか?





この世のすべてを「木火土金水」に分けて考える方法です。





この水に属すのが「腎」です。





五味と呼ばれる項目では、「鹹(かん)」という味が「水」に属します。





ですので、同じ水に属する「腎」が弱ると「鹹(かん)」の味のものを取りましょうということです。





おススメの食材!


鹹味の食材はズバリ! 海藻です。




具体的には、わかめ、昆布、ひじき、のりですね。





これらに、大豆、さつま芋、栗、里芋、ごぼうなどを加えて料理をすればばっちりです。





腎は冬に属する臓ですので、冬に取れる野菜を、暖かくして摂るのもおススメです。


a0070928_00485041.jpg





控えてほしい飲食物!


産後で育児ストレスから甘いものを食べたくなる気持ちは分かります。




しかし、砂糖を取り過ぎると膀胱や腎に負担がかかり、美容系のトラブルが起こりやすくなります。




また、水分を取り過ぎる人も、腎や膀胱に負荷をかけてしまいます。嗜好品であるコーヒーや紅茶はもちろんですが、水そのものも摂取過多はよくありません。




乳製品もほどほどにしてください。乳房や子宮のトラブルが起こりやすい人は、牛乳や卵の摂り過ぎの可能性があります。





食事を見直してイキイキ健康な産後を!


産後、体型や体重を気にして、極端なダイエットや栄養素サプリメントに走ってしまう方がいらっしゃいます。




そのせいで、身体がいつまでもだるい、疲れが取れないなどのトラブルを抱えながら育児を強いられることになります。




ダイエットやサプリもいいのですが、とにかくその前に食事を見直すことをお考えください。




絶対に見直してよかった!と思えますよ。
































施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。


クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。


〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部




求人:詳細はこちらをクリック







by firtreeSeikotsu | 2019-04-14 16:33 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_00493845.jpg

こんにちは。



神戸市、三田市、西宮市で産後ケアの専門相談をしております、FirtreeLaboです。



最近は暖かくなってきましたね、、、と言いたいところですがまだまだ寒いですね。



そんな寒さも産後セッションのエクササイズで吹っ飛ばしましょう!




毎月、セッション受講者が増加しており、キャンセル待ちの待ちの状態になっております。



ですので、一日で二回行います。



4月24日㈬
Day2:12:30~14:30
Day1:15:00~17:00
ご用意いただくもの:動きやすい服装、筆記用具、ファイル(前回参加した方にお渡ししたもの)



4月のセッションはご予約でキャンセル待ちをしていただいても、受講が厳しい状態です。



ご希望の方は5月のセッション(5/22)をお早めにご予約ください。



よろしくお願いします。



FirtreeLabo事務局

by firtreeSeikotsu | 2019-04-05 16:46 | 産後トータルケア | Comments(0)


a0070928_21370949.jpg
こんにちは。



神戸市北区で産後ケアといえばFirtreeLaboといわれるくらいの産後ケア専門院です。


よくご出産されたお母さんから「産後の骨盤矯正は必要なの?」と聞かれます。


a0070928_21365099.jpg




ざっくりとした答えとしては「はい!」です。



また「産後はベルトで締めてました」と言われる方も少ないですがいらっしゃいます。

a0070928_21363068.jpg



しかし、ベルトだけでちゃんとケアできるか?と聞かれても、お世辞にも「はい」とは言えません。


  • 妊娠中に大きな変化が訪れる

妊娠中には骨盤だけではなく、背骨も股関節、膝関節、そして腹部やその臓器、ホルモン分泌、上は頸部や頭部までが変化します。全体的な姿勢も変化します。

a0070928_21370042.jpg


上の写真では、上半身が大きく後ろに反ってますね。お腹が重たくなって、後ろに反りかえらないと、バランスが崩れて前に倒れてしまうからですね。


この姿勢を取ってみてください。お腹にお米袋5キロを抱えるとうまくできるかもしれません。


一気に体のバランスが崩れますね。そしてそれを支える背骨、骨盤、脚部の筋肉は前後左右アンバランスな使い方になってしまいます。


  • 産後の安易なケア

さて、自然分娩では骨盤は大きく変化しますので、ついついやりがちなのが、ベルトだけしておくというケアです。

a0070928_21363068.jpg

そして、ベルトはすぐにずり上がってくるので、面倒くさくなってやめてしまいます。



そして最近はあちこちで目にする『産後骨盤矯正』の文字。



ひょっとして骨盤を矯正すればよくなるのでは?と思って骨盤を矯正する方も多いでしょう。


a0070928_21363970.jpg

骨盤のねじれや離開をしっかりケアするのは大切なことです。



当院でも行っています。



ただ、骨盤だけをケアしたところで、一時的には骨盤は締まっても、また広がってくるということです。



それは、骨盤が広がるためには、背骨や大腿骨、内臓など、他のさまざまな組織や構造が伴わないと、骨盤だけ広がることは不可能だからです。



他の組織や構造も変化しているのに、骨盤だけ調整しても、他の組織や構造がまた骨盤を広げようと働きかけます。



そして、骨盤矯正が終わったときはなんとなく締まったような感じがして、そして姿勢もよくなった気がします。

が、徐々にまた広がっていくのです。



  • お腹はちゃんと動いてますか?


そして産褥エクササイズというものが、インターネットで検索すれば動画と一緒に出てくることが多くなりました。


a0070928_21535536.jpg

骨盤底筋群のトレーニングという検索ワードでも多数出てきます。



この筋群がここまで検索で出てくるなんて、10年前では考えられませんでした。



日本語より英語Pelvic Floor Musclesのほうが多くヒットしたので「日本は遅れているなぁ」と思ったものでした。



この産褥体操、一番大きな目的は何かご存知でしょうか?



よく、インナー筋トレーニングと言われますが、何がインナー筋なのかご存知でしょうか?



赤ちゃんがお腹の中にいるので、腹筋群が動かなくなります。特に下腹の筋肉に力が入りません。



その変化をほったらかしにして、骨盤矯正やベルトだけしても、お腹は動くようにはならないのです。




  • 産後の変化をトータルでサポートできる当院


このように見てくると、産後の変化を戻すために必要なことは二つあると分かります。

⑴ 脊椎、骨盤、股関節などの構造的問題

⑵ 腹部・腰背部の筋肉の機能的問題



この2点をしっかりとケアして、元の状態に戻さなければいけません。



矯正だけ行っている治療院、エクササイズだけ行う産院はたくさんあります。



ただ、見てきたように両者が合致して理想的なケアにつながります。



そんな理想的なケアをご提供し、最新の情報にアップデートしているのは当院の産後ケアコースです。



ぜひ、真剣に産後ケアを考えて、10年20年先まで健康をお考えの意識の高い方はご相談ください。

























施術家の方へ



産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。



骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。



骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。



産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。



仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。



産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。



ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?



産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。



それは周産期医療を知れば知る程分かります。



もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部




求人:詳細はこちらをクリック















by firtreeSeikotsu | 2019-03-15 21:59 | 産後トータルケア | Comments(0)