人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

治療方針を立てるには、かなりの情報が必要である。


たとえば、膝が痛いという患者さんはいろんな痛みを訴える。


「膝を曲げると痛い」

「膝が痛くて伸びない」

「寝ていると膝が痛む」

「曲がるんだけど、曲げる途中が痛い」

「内側が痛い」

「外側が痛い」

「膝の裏が痛い」


このようにさまざまだ。

膝は、太ももの骨である大腿骨、すねの骨である脛骨、脛骨と並んでいる腓骨がある。

しかし、あと一つお皿といわれる膝蓋骨がある。

大腿骨と脛骨のずれ、脛骨と腓骨のずれもあるが、膝蓋骨がうまく動いていないこともある。


膝蓋骨は膝蓋靭帯で安定化を図っているが、それだけではない。

膝蓋骨を安定させている筋肉VMOもある。このVMOが弱化すると膝蓋骨がちゃんと動かなくなる。



本日いらしたのもこの膝蓋骨がうまく動かない患者さんだ。

膝関節を曲げたり、伸ばしたりする途中で痛みが発生する。

これは、動かすときに膝蓋骨がうまく軌道を描いていない証拠だ。

だから、膝蓋骨を安定させてあげると痛みが消える。

安定させる方法は弱化した筋肉にアプローチし、テーピングで安定させておけばよい。

あと、長期的には弱化した原因と筋力トレーニング法をお教えすればよい。



このように、治療は複数の情報から初めて方針が立てられる。

だから、整骨院はひざが痛いと聞いてすぐに太ももや腰をもむマッサージとは違う。


「いつ痛めたのか」
「その後、どのような経過をたどったのか」
「いつ痛むのか」
「どのようにしたら痛いのか」
「それはどこに痛みを感じるのか」
+触診


最低このような情報は必要である。さらに、治りが悪い場合はこれ以上の情報が必要となる。


☆地域No.1 整復術・整体術 最大の治療院ではなく、最高の治療院を目指して・・・  ~もみの木整骨院~ ☆

神戸市北区 整骨院 接骨院


寝違い
頸痛 首痛
むち打ち 鞭打ち、むちうち
肩こり 頸肩腕症候群
背部痛 肋間神経痛
ぎっくり腰
股関節痛
股関節症
膝痛 オスグッド ジャンパー膝 ランナー膝
四十肩 五十肩
外反母指、外反拇指、外反母趾
足関節捻挫 足底痛
偏平足
脊柱管狭窄症
ヘルニア
by firtreeseikotsu | 2009-06-25 14:21 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)

肘の痛み

肘を痛めて、すぐに治るかと思っていたがなかなか治らない男性の患者さんがいらっしゃった。

その方は両股関節を手術していて、人工骨頭が入っている。

そのため、両腕を使うことが多く、痛めてしまった肘を放置した結果、痛みが取れなくなった。



触診、動作診を行うと肘の屈曲時に前腕がずれこんでしまう。腕尺関節というところだ。

関連筋と肘関節の整復を行ったところ、痛みがその場で消失した。


また痛みが戻るかもしれないので、その患者さんに合った自己療法をお伝えした。



けがをしても、湿布などで自然治癒すればいいが、その放置が後遺症につながることがあるので、最初に整骨院などで見てもらったほうがよい。



☆地域No.1 整復術・整体術 最大の治療院ではなく、最高の治療院を目指して・・・  ~もみの木整骨院~ ☆

神戸市北区 整骨院 接骨院


寝違い
頸痛 首痛
むち打ち 鞭打ち、むちうち
肩こり 頸肩腕症候群
背部痛 肋間神経痛
ぎっくり腰
股関節痛
股関節症
膝痛 オスグッド ジャンパー膝 ランナー膝
四十肩 五十肩
外反母指、外反拇指、外反母趾
足関節捻挫 足底痛
偏平足
脊柱管狭窄症
ヘルニア
by firtreeSeikotsu | 2009-06-24 13:11 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)