腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

錯綜した治療方針

a0070928_155165.jpg

【もみの木整骨院 ~最大の治療院ではなく、最高の治療院を~】

当院は整骨院ですが、整骨院でできる治療(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷)はもちろん、それ以上に幅広い治療ができます。

全般的な運動器疾患、スポーツ障害(オスグッド病、シンスプリント等)、頭痛、めまいなど、幅広い疾患に対応できる整骨院です。

電気やマッサージなどの治療で治らない方、薬や湿布などで満足いかない方が多数来院されています。

腰痛、肩こりでお悩みの方にも、専用の治療メニューがございます。

他の治療で治らない方、ぜひお試しください。



【当院の治療の特徴】


① 主に手技によるソフトな施術 ※最新治療器もご用意しております

② 全身の歪みを正す矯正法

③ 再発を防ぐリハビリ法


以上が追究してきた結果の最高の組み合わせです。


他院にはない、当院独自の治療プロセスをご実感してください。



【診療時間】

〇午前 9:00~12:00 月曜日から土曜日まで

〇午後 16:00~20:00 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日

※休診 日曜日、祝日 

℡ 078-981-1089 (予約制)

〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12

=====================================

治療方法や方針には相変わらず見解に違いがありすぎます。


「変形しているから痛いんだ。温めて安静すればいい」


「筋肉が弱っているから痛いんだ。鍛えればいい」


「歩き方が悪いから痛いんだ。専用の靴を作ればいい」


「背骨の歪みが痛い原因だ。矯正すればよくなる」


「軟骨がすり減っているから痛いんだ。注射をすればいい」


「加齢のせいで痛いんだ」





このように原因のとらえ方とその処置方法はさまざまあります。

同じ人が同じ悪い部位で、違う病院に行っても違う処置をされます。

つまり、病院同士でも処置が異なるのです。

これは標準化されていない証拠なのです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日いらっしゃった患者さんは股関節・膝関節が痛くなり、2つの整形外科を受診・リハビリされていました。




1つめの整形外科では

「筋肉が弱っているから、鍛えればいい」

ということで、エアロバイクやプールを勧められたそうです。

しかし、やってもやっても痛みはひくどころかさらに憎悪したそうです。




そして、2つめの整形外科に行かれたそうです。

そこでは

「痛いときは筋トレなどもってのほかだ。安静にしておけ。そしてリハビリに来い」

と言われ、リハビリでAKAなどの関節モビリゼーションを受けていたそうです。

でも、よくならない。

そこで、高額な靴を売られようとしたので、患者さんは不信感を持ってしまい、医療機関を変えようと思われたらしいのです。





そして、当院にご相談にいらっしゃいました。

問題なのは、二つの整形外科が正反対の処置であるということです。

そして、さらに問題なのは「治る気配がない」ということです。

理論はいろいろあります。

施した処置に関してウンチクもいろいろ述べることができるでしょう。

しかし、患者さんがまじめに取り組んでいるのに、「治る気配」が全くないのが問題です。



なぜこのようなことが起こるのか?

それは、患者さんのフィードバックをしっかり行い、それを次の診察・処置に生かさないからなのです。




治療は当然、間違うこともあります。

当院でも、間違って処置していることも結構あります。

しかし、その際にしっかりフィードバックを行い、それが適切なのかどうかを考え、次に別の方法の可能性を考慮するべきなのです。

それをしなければ、ただただ間違った処置法を延々と続けることになります。




そこで、間違ってはいけないのは「適切な処置が行われているかどうか」の判断は、医療側にあるのではなく、あくまで患者さんの側にあるということです。

痛みが引かないのに、教科書通りにやっているから間違いないとか、重症だから効果が出にくいだとか、言い訳をしてしまうと、次へのステップが遅れます。

あくまで、症状の変化を感じることができる患者さんの側に、適切か不適切かの判断が委ねられるのです。




医療費は普通、患者さんがよくなるように使われるのであって、悪化や何も効果がないことに対して使われると、無駄以外なにものでもありません。

さらに、患者さんはよくならないので、時間の無駄、労力の無駄、お金の無駄、さらに悪化すると人生の損失になります。



われわれ医療人はそのことを心して、患者さんに向き合わなくてはなりません。



【Information】

腰痛に朗報!
最新治療器Protechでしつこい腰痛を治療しましょう。
a0070928_17281276.jpg

ソフトバンク小久保選手の2,000本安打達成の影の立役者!

当院はFMT(プロテックを使った運動療法)を行っております。

神戸市北区では当院のみ扱っております。

しつこい腰痛をお持ちの方、お気軽にご相談ください。

〇これに関する記事「最新治療器Protec 最新運動療法FTM」http://firtree.exblog.jp/16184968/
[PR]
by firtreeSeikotsu | 2012-03-02 14:49 | 施術に関する考え方 | Comments(0)

尻もちでよく起こること

a0070928_09514751.jpg

今日はしりもちについてです。


お尻にはたくさんの筋肉、脂肪がありますので、それがガードしてくれていると思いがちですが、、、
a0070928_19274493.jpg



実際は歪みの温床になるしりもちです。

(記事の続きは下にあります)



先日、しりもちをついて2週間たったけれども、当初より痛かったところではないところが痛くなって来院された方がいらっしゃいました。



最初は尾骨付近が痛んで、そのあとはお尻のエクボのところ、そして最後に出てきたのは坐骨結節部でした。



転倒したときは最後に出てきたところの痛みはなかったのに、後から出てくるのはおかしいです。



確実にその場所は打ち付けていません。



でも、以下の写真の矢印の場所が前屈をすると痛くなるらしいのです。

a0070928_18114792.png




しりもちで骨盤が歪むと矢印の先にある靭帯がゆるむかひっぱられるようになります。



そのせいで、特定の動きをすると靭帯がひっぱられて痛むわけです。



この場合は骨盤矯正をすれば(性格には仙骨の矯正)、簡単に痛みが消失します。



この患者さんも矯正後、痛みが消失しました。




このようにしりもちで骨盤が歪み、痛みの原因になることがあるのです。



このまま放置しておくと、長年の痛みになります。



しりもちをついて2週間前後経っても痛みがひかない方はお早目にご相談ください。






【回復動画はこちら】

すべて1回の治療で改善している様子を動画でご覧いただけます。

ココをクリック→「13歳女子 足関節捻挫」 ギプスと松葉杖できたのに・・・!


ココをクリック→「9歳男子 足関節捻挫」 施術後にはピョンピョン飛び跳ねていた!


ココをクリック→「43歳男性 急性腰痛」


ココをクリック→「33歳女性 急性腰痛」 この後仕事があるからなんとかしてほしい・・・





【Information】

腰痛に朗報!
最新治療器Protechでしつこい腰痛を治療しましょう。
a0070928_17284636.jpg

ソフトバンク小久保選手の2,000本安打達成の影の立役者!

当院はFMT(プロテックを使った運動療法)を行っております。

神戸市北区では当院のみ扱っております。

しつこい腰痛をお持ちの方、お気軽にご相談ください。

〇これに関する記事「最新治療器Protec 最新運動療法FTM」http://firtree.exblog.jp/16184968/



【患者さんのお声】

過去のさまざまな患者さんのお声がたくさんございます。

ご参照ください。

患者さんのお声 http://firtree.exblog.jp/i13/

すべての方に書いていただいている訳ではございません。

治癒された方全員にいただくには時間の余裕はございませんので、難治の方を中心にお声をいただいております。




【股関節治療の特別コース】

「股関節外来のお知らせ」http://firtree.exblog.jp/15696462/

股関節で苦しんでいらっしゃる方はご遠慮なくご相談ください。

メールでも受け付けております。
mominokiseikotsu@yahoo.co.jp (股関節外来)



【ヘルニア外来】

ヘルニア外来では、最新腰痛治療器 プロテック を使用して運動療法・関節モビリゼーション・矯正をします。
a0070928_1244562.jpg



重力下ではできなかった運動療法をこのプロテックにのってもらって行います。


また運動療法以外に、重力下ではうまくできない歪みの矯正や狙った関節を動かすことも行います。


当院独自の方法で改善へと導きます。


詳しくはバックナンバーをご覧ください。

バックナンバー『最新腰痛治療器 プロテック Protec 治療のご案内』
http://firtree.exblog.jp/16225259/




〇ヘルニアと診断されてブロック注射が効かなかった方が当院での治療をお受けになってご感想をいただいています。
バックナンバーはここをクリック→http://firtree.exblog.jp/15555007/




【坐骨神経痛プログラム】

当院では、お尻、太もも、膝、ふくらはぎなどに痛みがある「坐骨神経痛」の症状の方に、特別のプログラムをご用意しております。


このプログラムでは最新腰痛治療器プロテックProtecを用いて、当院独自の手技療法を行います。



坐骨神経痛でお悩みの方はご相談ください。

a0070928_12474590.jpg





重要

【接骨院・整骨院の保険治療について】

最近、お問合せの件数が増えてきています。

その中には「保険が何でも使える」と勘違いされているお問合せが多数あり、双方の時間が無駄になっていることがあります。


接骨院、整骨院で保険が使えるのは健康保険組合との協定により、一部の傷害に限られています。


保険が使える範囲を以下のバックナンバーに書いてあります。


よくお分かりのない方はご覧ください。


「接骨院・整骨院の保険適用範囲について」http://firtree.exblog.jp/16431656/

また、ご加入の健康保険組合にお問合せされてもよいかと存じます。

当院は保険が効かない障害を保険を使って施術することはありません。コンプライアンスを重視しています。




【電話でのお問合せについて】

当院の電話は主に予約、変更、キャンセルに使われておりますので、受付が対応します。

ゆえに、障害に関するお話はお電話をいただいても対応できません。

ですので、込み入ったご相談はお電話ではなく、Eメールでお願いします。



「自分の痛みには保険がきくのか?」



「こんな痛みがあり、病院や他の整骨院に行っても全然よくならないが、当院へきてよくなるのか?」


など何でも結構です。


mominokiseikotsu@yahoo.co.jp

どうしてもお電話でのお問い合わせをご希望の方は、午後診の時間にお電話いただければ対応できる者がおりますので、よろしくお願いします。



a0070928_1195094.jpg

ホームページは上の画像をクリック!
[PR]
by firtreeSeikotsu | 2012-03-01 18:12 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)