人気ブログランキング |

腰痛 | 膝痛 | 股関節痛 | 肩こり | スポーツによるケガ | 産後骨盤矯正 | 自律神経による不調を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

幸せな誤解

幸せな誤解_a0070928_155165.jpg

【もみの木整骨院 ~最大の治療院ではなく、最高の治療院を~】

当院は整骨院ですが、整骨院でできる治療(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷)はもちろん、それ以上に幅広い治療ができます。

全般的な運動器疾患、スポーツ障害(オスグッド病、シンスプリント等)、頭痛、めまいなど、幅広い疾患に対応できる整骨院です。

電気やマッサージなどの治療で治らない方、薬や湿布などで満足いかない方が多数来院されています。

腰痛、肩こりでお悩みの方にも、専用の治療メニューがございます。

他の治療で治らない方、ぜひお試しください。



【当院の治療の特徴】


① 主に手技によるソフトな施術 ※最新治療器もご用意しております

② 全身の歪みを正す矯正法

③ 再発を防ぐリハビリ法


以上が追究してきた結果の最高の組み合わせです。


他院にはない、当院独自の治療プロセスをご実感してください。



【診療時間】

〇午前 9:00~12:00 月曜日から土曜日まで

〇午後 16:00~20:00 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日

※休診 日曜日、祝日 

℡ 078-981-1089 (予約制)

〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12

=====================================

よく整体院である宣伝の中には、、、


「腰椎椎間板ヘルニアが治った!」

「脊柱管狭窄症が完治!」

「坐骨神経痛が改善した!」


のようなことが書かれています。

しかし、本当なのでしょうか?



Case 1

A医師「ヘルニアですね。手術もできますが、しばらくは注射と飲み薬で様子を見ましょう」

患者「はい。分かりました」(でも納得がいかない)

そして、いいと聞いた整体院へ。

数か月施術して、症状が楽になった。

→「ヘルニアが治りました!」

となる訳です。


Case 2

B医師「MRI画像から脊柱管が狭くなっていますね。歩くと痛くなるのですよね。手術しますか?」

患者「え、えぇ。少し考えます」

そして、近所の整体院へ。

数か月通って、症状が消えた。

→「脊柱管狭窄症が治りました!」

となる訳です。



Case 3

C医師「足の後ろ側が痛みとしびれがあるんですね。坐骨神経痛です」

患者「はぁ。どうすればいいんですか?」

C医師「湿布と薬で様子を見ましょう」

そして、納得いかずに近所の治療院へ。

数か月通ったのち、症状が消えた。

→「坐骨神経痛が治りました!」

となる訳です。


そして、当院の適応症は


椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛


と書かれていたりします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、ここで疑問がわきます。

「ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛」には整体が効果的なのか?です。

しかし、よく考えてみれば、軟骨が突出したヘルニアにどうしたって引っ込む訳はありません。

脊柱管が狭窄しているのに、それが整体で物理的に広がるとも思えません。


ですから、もし整体でよくなっているなら、それはそもそもの「診断名」が間違っていた訳です。


たとえば、筋肉の異常でも上記のような症状は引き起こします。

関節機能異常でも同様に引き起こします。

ですから、それらを調整すれば症状は改善するのです。

しかし、病院で診断名がついたものですから、その病態が治ったと勘違いをしてしまっているのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

運動器の痛みは骨折・脱臼など明らかな原因があるものを除けば、ほとんどが以下のような原因がほとんどです。
幸せな誤解_a0070928_0193659.jpg


これらの原因を除去すれば、ほとんどが改善します。

筋肉

歪み

滑動不全

すべてにアプローチするのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、患者さんご本人さんは病院でも治らないものが治った!と幸せな誤解をされるのです。

どちらにせよ、患者さんはつらい症状が取れればどちらでもいいのですね。


【Information】

腰痛に朗報!
最新治療器Protechでしつこい腰痛を治療しましょう。
幸せな誤解_a0070928_17264128.jpg

ソフトバンク小久保選手の2,000本安打達成の影の立役者!

当院はFMT(プロテックを使った運動療法)を行っております。

神戸市北区では当院のみ扱っております。

しつこい腰痛をお持ちの方、お気軽にご相談ください。

〇これに関する記事「最新治療器Protec 最新運動療法FTM」http://firtree.exblog.jp/16184968/
by firtreeSeikotsu | 2012-04-29 00:23 | 施術に関する考え方 | Comments(0)

背部中部と胸部の痛み

背部中部と胸部の痛み_a0070928_155165.jpg

【もみの木整骨院 ~最大の治療院ではなく、最高の治療院を~】

当院は整骨院ですが、整骨院でできる治療(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷)はもちろん、それ以上に幅広い治療ができます。

全般的な運動器疾患、スポーツ障害(オスグッド病、シンスプリント等)、頭痛、めまいなど、幅広い疾患に対応できる整骨院です。

電気やマッサージなどの治療で治らない方、薬や湿布などで満足いかない方が多数来院されています。

腰痛、肩こりでお悩みの方にも、専用の治療メニューがございます。

他の治療で治らない方、ぜひお試しください。



【当院の治療の特徴】


① 主に手技によるソフトな施術 ※最新治療器もご用意しております

② 全身の歪みを正す矯正法

③ 再発を防ぐリハビリ法


以上が追究してきた結果の最高の組み合わせです。


他院にはない、当院独自の治療プロセスをご実感してください。



【診療時間】

〇午前 9:00~12:00 月曜日から土曜日まで

〇午後 16:00~20:00 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日

※休診 日曜日、祝日 

℡ 078-981-1089 (予約制)

〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12

=====================================

ヨガ中に体をかなり曲げた動きをしたときに肩甲骨の間あたりと、胸の下部あたりに痛みを感じた方がいらっしゃいました。

いらしたときには、寝返りはもちろんのこと、腕を下にして物を拾う動作、体をねじる動作などをすると、鋭い痛みがズキッと走るのでできないとのことでした。

下の図の赤い×印が痛みの出ていた場所です。

後ろから
背部中部と胸部の痛み_a0070928_20134765.png


前から
背部中部と胸部の痛み_a0070928_20144119.png




この背中と胸は胸郭という心臓や肺を守る肋骨のカゴでできています。

さて、この痛みはどこから来ていたのでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、運動器系の痛みはさまざまな理由で発生します。(ここでは内臓由来は省略します)


〇骨が歪んでいるから

〇関節がずれているから

〇関節の動きが悪いから

〇筋肉が硬くなっているから

〇筋肉が弱っているから

さまざまな理由があり、さまざまなアプローチがあります。


この中で、

〇関節の動きが悪くなっているから

というものに焦点を当てます。


これを、関節の痛みの著者、J.McM.メンネルM.D.は関節機能異常と定義しました。

関節が十分に動いていないと痛みになり、その痛みは関節部やその周辺部にとどまらずに、遠くへと痛みは広がるのです。

この場合、レントゲン、MRIなどでは写らないですし、マッサージをしても効果なしです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、先ほどの患者さんの障害はまさにこの関節機能異常が問題でした。

この患者さんも整形外科に行かれて、骨には異常がない、湿布を貼っておけばよいと言われたらしいのです。

骨が折れていなければ大丈夫という考え方はおかしいと、多くの一般人の方も思っていらっしゃいます。

それは、自身が痛いからです。

痛みを経験されているからです。いくら画像に異常がなくても、痛いものは痛い。

ですから、異常なしと言われたら次はどこへ行こうかな、と頭を抱えるのです。


この患者さんにも関節機能異常が生じていました。

下の→の先には背骨と肋骨が関節を作っています。
背部中部と胸部の痛み_a0070928_20502833.png


その関節が屈曲強制されて関節がロックされてしまっていたのです。

分かりやすく言いますと、関節がずれて動かなくなっていました。


その関節の可動性を再獲得すれば痛みは減少しました。

3回目の来院でほぼ痛みは消失しました。


さらに喜ばしい副作用がありました。

ヨガで痛める前にも、右腕を上げようとすると90°までしか上がらなかったらしいのです。

それが背中と胸の痛みの治療をしていると同時に、右腕が上がるようになったというのです。


これは、もともと関節のロックがあったことが考えられます。

それがヨガで強められてしまい、痛みとして現れたのです。


座り仕事をされていますので、どのように座ればいい姿勢を保てるかの指導をさせていただいて、治療を終えました。



筋肉だけを見ていてもだめです。

関節だけを見ていてもだめです。

骨だけを見ていてもだめです。


臨床家は常にこのすべてに気を配り、原因を決めつけることなく、対処していきたいものです。


【Information】

腰痛に朗報!
最新治療器Protechでしつこい腰痛を治療しましょう。
背部中部と胸部の痛み_a0070928_17272738.jpg

ソフトバンク小久保選手の2,000本安打達成の影の立役者!

当院はFMT(プロテックを使った運動療法)を行っております。

神戸市北区では当院のみ扱っております。

しつこい腰痛をお持ちの方、お気軽にご相談ください。

〇これに関する記事「最新治療器Protec 最新運動療法FTM」http://firtree.exblog.jp/16184968/
by firtreeSeikotsu | 2012-04-28 20:30 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)