腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0070928_18584033.jpg

こんにちは。




スノーボードを科学する整骨院、もみの木整骨院です。





今、夏真っ盛り! 酷暑、酷暑の毎日ですね。





その時だからこそ、冬のシーズンへの準備をする絶好の季節です。





さて、私はJSBAのC級インストラクター資格を所有しています。





今のスノボはトリックなどもいいのですが、カービングが流行っています。


a0070928_19003107.jpg


カービングとは、できるだけ板が立つように、体を倒して滑る方法です。





ジャンプをしたり、グランドトリックをしたりする以前に、ターンの基本を学ぶのにカービングがいい練習になります。





さて、今回は「軸脚」について私見を述べます。





「ターンをしようとしても曲がってくれない」

「ターンの左右の弧が違う」

「山回りターン(特にトゥーサイド)が作れない」



このようなお悩みの方へ、少しヒントになることを綴ります。





スノーボードはレギュラースタンス、グーフィースタンスとありますが、どちらにせよ、ターンを行うときには、前脚に荷重をしたり、後脚に荷重をしたりと、体重移動をしなければいけません。





この時、関わってくるのが自分の軸脚です。


a0070928_18571268.jpg


この写真では左脚を前にして滑っています。左方向にターンをしているところです。レギュラースタンスです。





これは初心者で起こりがちなのですが、自分はターンをしようとしているのに、なかなかターンが始まらないのです。





これには理由があります。





斜面の下へと滑り落ちていくのが怖くて、どうしても落ちていこうとする反対側の脚に荷重しがちになるのです。





さきほどの写真だと右脚にかける体重の割合が増えます。





この不正な荷重がターンが始まってくれない理由の一つです。





スノーボードの形状の性質から、ターンは板の先から始まります。





ですので、そこに荷重をしてあげないといけないのです。つまり、ターンをするときは前脚に荷重するということです。






と、ここまではスノーボードを教える側からすれば当たり前の話。





私は体のバイオメカニズムを専門にしていることから、どうしても前脚に荷重できない、または前脚に荷重しようとしてもできにくいことがあるということに言及します。





人には「荷重脚」「軸脚」というものが存在します。






これは施術台の上に寝てもらって脚の長さの違いと骨盤の歪みを見れば分かります。





もし、右脚が荷重脚である場合、先ほどのスノボの滑り方だと、前脚が左脚になるので、ターンを始める際に、前脚に体重を載せているつもりでも、十分に乗らないという現象が起こります。





するとなかなかターンが始まらないのです。





初心者ならほとんどが恐怖心で体が後ろに引けているのですが、中級者にでもなると、なかなかターンが始まらないと体でぐいっと板を曲げて(あるいは回して)ターンをするクセがついてしまいます。





すると、滑り下りてくるターン弧がきれいな弧にならないのですね。※「山回り」が上手く作れない(専門用語です)





中級者で体で回すクセができていると、自分は普通にキレイにターンができている、と思い込んでしまいがちですが、ターン弧を見るとなぜか左右が均等にできていないということになります。





ですので、初心者ならともかく、中級者で山回りを作れない場合(特にトゥーサイドターン)、前脚荷重を意識して、それでもできない場合は、一度荷重脚の調整を整体でしてみてはいかがでしょうか?



[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-07-30 19:01 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
こんにちは。



7/25㈬ に産後ケアセッション Day1 ~ぽっこりお腹編~ が終わりました。



酷暑の中、みなさんご来院いただきありがとうございました。



夏休みに入って、子供達が家にいるので、一緒にご来院でにぎやかなセッションでした。

a0070928_00263672.jpg




今回はお腹をへっこめる編でしたので、エクササイズのコツなどを真剣にメモするママさんたちが目立ちました。




やはりぽっこりお腹は、産後のお悩みのトップに上がるだけありますね。




ホントにかわいい赤ちゃんたちが勢ぞろいでした。


a0070928_00282636.jpg

a0070928_00280804.jpg

a0070928_00275862.jpg

a0070928_00325596.jpg

a0070928_00333020.jpg

あかちゃんの上にテキストを置いて、お母さんは真剣です(笑)




実技でもみなさん頑張ってご自身の中心軸を見付けていただきました。



a0070928_00354822.jpg




本当に蒸し暑かったですね~。ご苦労様でした。




みなさんが本当に理解して、効果を出していただけるセッションができたのかどうか、スタッフで反省会です。


a0070928_00294063.jpg
a0070928_00364536.jpg



分からなければ、またご参加くださいね。当院の産後コースをお受けの方なら、再受講も無料です。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック


[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-07-29 22:21 | 産後トータルケア | Comments(0)
【数日前の大雨で被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします】




こんにちは。



当院の近所でも土砂崩れが数件あり、避難された方々がいらっしゃったと聞いています。



大自然の猛威の前では、人間はちっぽけな存在ということを思い知らされました。



どうか被災された方、いち早く元の生活にお戻りになるよう心よりお祈り申し上げます。


a0070928_11122572.jpg
こんにちは。



最近、当院の産後ケアをお受けになられる方が増加していまして、セッションがいつも店員オーバーの状態です。



ですので、ご参加される方はできるだけお早目のご予約をお願いします。




日程:2018年7月25日(水)
場所:もみの木整骨院内
時刻:2:00pm~3:30pm
持物:タオル、動きやすい服装、ファイル(前回受講された方)



今回はDay1なので、「ぽっこりお腹、股関節、背骨」などを中心に行います。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。


クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。


〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック

[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-07-11 13:09 | 産後トータルケア | Comments(0)
こんにちは。



6/27㈬ に産後ケアセッション Day2 ~骨盤底筋群編~ が終わりました。



「骨盤底筋群」という言葉は耳慣れないとは思います。



仕方ありませんね。国家資格である、はりきゅう、柔整、あんまマッサージ師など他の医療資格を持っていたとしても、学校では勉強しませんので、知っている資格保持者はほとんどいません。



ですので、一般の方はさらになじみがないと思います。




そんな難解な骨盤底筋群を、一般の方にも分かりやすくご指導しております。



今回は過去最高の参加人数でした。




当日は暑く、人数も多かったので、部屋の中は熱気ムンムンでした。

a0070928_18210432.jpg



それでも、参加者の方々は講義に真剣で、ご提供する側が驚いたほどでした。




a0070928_18205460.jpg


ちゃんとテキストを開けて、学びの時です。




a0070928_18204620.jpg
一緒に来た子供たちは、お昼寝の時間です(笑)



骨盤底筋は本当に難しいのです。




柔整師や鍼灸師の国家試験では「骨盤底筋」に関しては問われませんから、学びません。




施術をするにしても、微妙な場所なので、もともと施術対象から外れています。




ですから、国家資格の専門家とはいえ、全くの無知であることが普通なのです。




そんな骨盤底筋群を一般の方に理解していただくための工夫を行っております。




ひょっとしたら、国家資格を持っている施術者より、当院のママのほうが詳しいかも(笑)




このように座学を通じて、みなさんに医学の知識を身につけていただきます。




安心してください! 噛み砕いて、噛み砕いて、砕き過ぎて「分かりやすい内容」にしています!




そして実践! 「知識&実践」こそが最大の成果を上げる方法です。体を動かして実践していきましょう!







蒸し暑かったですね~。ご苦労様でした。


a0070928_18211853.jpg





分からなければ、またご参加くださいね。当院の産後コースをお受けの方なら、再受講も無料です。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック


[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-07-01 18:34 | 産後トータルケア | Comments(0)