腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0070928_23484017.jpg

こんにちは。



神戸三田、神戸市、西宮で産後ケアのパイオニアとして活動しています FirtreeLabo です。



産後ケアを長年行っていますと腰痛でお困りの方が多いのに気づきます。



腰痛は産後ママのトラブルのトップレベルに入ります。



さて、その腰痛の原因の一つに「腸腰筋」という腰の筋肉があります。



当院では、姿勢の検査だけではなく、ちゃんと産後機能の検査をします。



その検査に基づいて、施術の方法が決まります。



決して、一律に施術方法が決まっていることはありませんので、ご安心ください。



さて、「腸腰筋」とはどこにある筋肉なのでしょうか。




a0070928_23475034.jpg

John Gibbons ; Functional Anatomy of the Pelvis and the Sacroiliac Joint



上の図の背骨の左側が大腰筋、少し低い位置にある右側が腸骨筋です。



二つ合わせて「腸腰筋」と呼ばれます。



この筋肉が短縮している場合があるのです。短くなると腰痛が発生します。



さて、自分はどうか知りたいですよね。



その検査が以下の写真です。


John Gibbons ; Functional Anatomy of the Pelvis and the Sacroiliac Joint



上のように仰向けに寝て、片方の膝を抱え込みます。



抱え込んだ側ではなく、反対側の膝がベッドから浮いてしまうと「腸腰筋が短縮している」となります。



この検査を知っている臨床家はたくさんいます。



ただ、産後のママでこのように膝が持ち上がるママさんはほぼいません。



しかし、腸腰筋は短縮していることがあるのです。



なぜでしょうか?



そこには検査を陰性に見せるトリックモーションがあるのです。



そのトリックモーションが出ないようにして、検査をすると陽性になる方がいらっしゃいます。



その場合はもちろん「腸腰筋」への施術と、ホームケアをお伝えします。



このように、普通に検査をしていたら隠れてしまうような原因も突き止めて、いち早い回復を目指しています。



もし産後で腰痛に悩まされて、どこへ行っても解消しない方はお気軽にご相談ください。



未来が変わると思いますよ。



追記:

写真や図を使わせていただいたのは英語の書籍です。



日本語の書籍にはあまりいいものがありません。



しかし、世界に目を向けるとたくさんいい情報が書かれた書籍があります。



John Gibbons ; Functional Anatomy of the Pelvis and the Sacroiliac Joint



この書も大変示唆に富むものです。



治療家は言語の壁を越えて、情報を探すことができると大変有利ですね。



WeLLNeX産後ケア事業部


産後ケアに興味がある方はこちら→WeLLNeX FirtreeLabo産後トータルケア







[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-11-07 20:46 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)
こんにちは。



すがすがしい秋晴れが続きますね。



神戸市、神戸三田、西宮市で産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboからのお知らせです。



a0070928_11122572.jpg
こんにちは。




昨年から産後ケアのセッション定員が毎回キャンセル待ちの状態で、ご迷惑をおかけしております。




現在、通院されている方には早めにお声掛けをしておりますが、通院が空いている方はお声掛けが遅れる状態です。




ですので、ご参加される方はできるだけお早目のご予約をお願いします。




日程:2018年11月21日(水)
場所:もみの木整骨院内
時刻:2:00pm~4:00pm
持物:タオル、動きやすい服装、ファイル(前回受講された方)



今回はDay1なので、「ぽっこりお腹、股関節、背骨」などを中心に行います。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。


クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。


〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック

[PR]
by firtreeSeikotsu | 2018-11-05 20:54 | 産後トータルケア | Comments(0)