腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは。




1/23㈬ に産後ケアセッション Day1 ~ぽっこりお腹編~ が終わりました。




寒さが厳しくなってきましたが、セッションは熱気ムンムンでした。




ご予約をいただいていた方が次々と体調を崩されて、キャンセルになりました。




その代わり、キャンセル待ちの方が入り、最初の予約名簿からごそっと入れ替わった感じでした。


a0070928_19332306.jpg







みなさん。




当院のセッションって何?とお思いかもしれませんね。




セッションとは、自分の身体を理解していだだき、その上で身体を動かすのです。




スライドで絵や写真を通じて産後の変化を理解します。

a0070928_19464311.jpg


なかなか解剖学の用語は難しいかもしれませんね。




でも、分かりやすくしてありますので、ご安心ください。





みなさんは、ヨガやピラティス、ストレッチなどをしたことがあるかもしれません。





そんな方は飲み込みが早いですね。



a0070928_19325733.jpg

講師も参加して「こんな風に動きませんか?」とやっています。






セッションでは、産後はやっていい動き、やってはいけない動きなどを取捨選択してあります。


a0070928_19323057.jpg

a0070928_19324153.jpg




赤ちゃんと一緒にできるなんて、素敵ではないですか?

a0070928_19330939.jpg


a0070928_19321721.jpg



安心してご参加ください。




ご参加の皆様、ご苦労様でした。




みなさんが本当に理解して、効果を出していただけるセッションができたのかどうかを今後も突き詰めていきます。





分からなければ、またご参加くださいね。




プライベートセッションなら、一人一人のクセやお悩みをお聞きしながら、じっくりと進めていけますよ。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。



〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック


by firtreeSeikotsu | 2019-01-27 19:49 | 産後トータルケア | Comments(0)
みなさん、こんにちは。



神戸市、三田市、西宮市で産後ケアのパイオニアとして研究・臨床をしております、FirtreeLaboです。



先日、ABC放送の「ナイトスクープ」という超長寿番組で「尿もれ」に悩む経産婦さんが出演されていました。



一応、産院かどこかで「尿もれ体操」を教えてもらってやったりやらなかったりで、結局もれたまま。



他の経産婦さんはどうなのか、という依頼でした。



カンニングの竹山探偵が面白く取材されていましたね。


a0070928_18493869.jpg



番組では、依頼者の方以外にも3名の「尿もれ」症状を持つ経産婦さんがいらっしゃっていました。




クシャミをしたら尿がもれるか?


a0070928_19132288.jpg


笑ったら尿がもれるか?※お互いにこそばし合って、何か変な光景でした(笑)


a0070928_19130711.jpg


トランポリンで跳んだら尿がもれるか?


a0070928_19131443.jpg



いろんな実験をされていました。



さて、結果はもれる動きやもれ方もさまざまでしたね。



そして、みなさん尿もれのためにオムツをしていたので、着替えて番組は終了~でした。



で、尿もれがある人はどうすればいいの?と番組を見ながら思った方も多数おられたでしょう。



最後に竹山探偵が「骨盤底筋トレーニング」で検索してください、と情報提供されていました。



さて、当ラボでも何年も前から骨盤底筋のトレーニングを産後矯正の方に指導させていただいています。



驚くのは、ほとんどのママさんが「産院などでは全く教えてもらっていない」とおっしゃいます。



これだけ「尿もれ」の方が多くいらっしゃるのに、現状はこのありさまです。



これでは「骨盤後進国、ニッポン!」と言われても仕方ありませんね。



さて、骨盤底筋トレーニングで検索すれば、大手企業の「医師監修 骨盤底筋トレーニング」が出て来ます。



尿もれパッドを販売している会社です。何か複雑ですね。思わず番組のスポンサーになっていないか確認したくなります。



さて、骨盤底筋だけ鍛えて、本当に尿もれは改善するのでしょうか?



人の身体を診る時、必ず注意しないといけないことがあります。



と、その前にやってはいけないことをいいましょう。



×腰が痛い人に腰だけ診る

×膝が痛い人に膝だけ診る

×肩こりを肩だけ揉む



つまり、全体を診ていないということです。




人の身体はロボットではありません。部品を交換すればいいというものでもありません。



ですから、


△尿もれするから骨盤底筋を鍛える


です。



あまり知られていない筋肉なので、何か鍛えたらうまくいきそうな気がしますよね。



でも、全体を診ていないという点で△です。



腹腔を構成する筋肉は何も骨盤底筋だけではありません。



さらに、産後では骨盤底筋だけがおかしくなるわけでもありません。



もっと全体のつながりを診る必要があるのです。




私たちは世界を大陸で分けています。



さらに、国境線を引いて、分断しています。

a0070928_19262503.gif

昔から、人間はこんなことが好きなんですね。




現象をどんどん細分化していくって、今の医学と似ていませんか?




でも、実際は国境線などは概念的なもので、陸は繋がっています。



自然や動物たちにとっては全く関係のないことです。



では国境を取ってみましょう。

a0070928_19183860.png

大陸は分かれていますか?



上の地球を見て、つながってはいませんか?




本当はつながっているのですよ。




海水がなければ、すべて陸続きなのです。




ただ、表面上は見えないだけです。




当ラボでは海水で見えなくなったつながりを発見して、そのつながりを大切に施術をしています。




目で見えることはまだまだ浅く、人の身体は神秘に満ちています。




そんな姿勢で日々、研究・実践です。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。


クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。


〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック



by firtreeSeikotsu | 2019-01-14 18:10 | 産後トータルケア | Comments(0)
明けましておめでとうございます。



今年も積極的に産後のママさんの健康をお守りする活動に取り組んでまいります。



2019年、最初のセッションです。




神戸市、神戸三田、西宮市で産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboからのお知らせです。



a0070928_11122572.jpg


昨年から産後ケアの意識の高いママさんたちで、セッションがキャンセル待ちとなっています。




現在、通院されている方には早めにお声掛けをしておりますが、通院が空いている方はお声掛けが遅れる状態です。




ですので、ご参加される方はできるだけお早目のご予約をお願いします。




日程:2019年1月23日(水)
場所:もみの木整骨院内
時刻:2:00pm~4:00pm
持物:タオル、動きやすい服装、ファイル(前回受講された方)



今回はDay1なので、「ぽっこりお腹、股関節、背骨」などを中心に行います。



a0070928_20060287.jpg




a0070928_00265104.jpg



a0070928_17264406.jpg
a0070928_17261086.jpg



a0070928_23095593.jpg




a0070928_13055750.jpg

a0070928_13050657.jpg





a0070928_11203733.jpg
施術家の方へ


産後の骨盤矯正を「通常の矯正」と同じような形でされているなら要注意です。


骨盤底筋群について「ただ骨盤の底にある筋肉で産後弱る」くらいしか知らないなら、骨盤底のトレーニングを指導するのは危険です。


骨盤底筋群を「肛門しめて」「尿を止めて」のようなアドバイスしかできないなら、それは素人と同レベルです。


産後のコリ、よく整骨院やマッサージで揉む場所がありますが、そこは揉めば揉むほどコリが悪化する場所かもしれませんよ。


仙腸関節のモビリゼーション、あるいはAKAを産後の方に施術するとき、全種類の離開法、すべり法をかけていませんか? 緩んだ靭帯の方向にかけると余計に悪くなります。


産後のメンタル面の問題を抜きにして、施術を行っていませんか? ひょっとして施術者とママさんとの心のズレがあるかもしれません。


ボンディング障害になっているかもしれないクライアントと、どのように接しますか?


産後の変化は骨盤矯正だけでは、まず戻せません。マッサージを足しても不十分です。


それは周産期医療を知れば知る程分かります。


もし、目の前のクライアントさんを大切に思うなら、ぜひ当プロコースの講座をお受けください。


クライアントさんの笑顔が最高のやりがいとなるはずです。


〒651-1301
兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
もみの木治療院
078-981-1089(要予約)
WeLLNeX 産後トータルケア事業部


a0070928_01112492.jpg

求人:詳細はこちらをクリック

by firtreeSeikotsu | 2019-01-12 16:23 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_14411856.jpg

みなさん、明けましておめでとうございます。本年もどうか当院をよろしくお願い申しあげます。




とうとう2019年になりましたね。



今年は当院は大きく変わる年になりそうです。皆様の健康をお守りできるように、さらなる努力をもってお応えできるよう研鑽を続けます。



院長

by firtreeSeikotsu | 2019-01-05 14:43 | お知らせ | Comments(0)