人気ブログランキング |

腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり、スポーツ障害、産後の問題、自律神経失調症を根本から治す治療院をお探しの方へ


by firtreeSeikotsu

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0070928_01465688.jpg

こんにちは。




暑くなってきましたね。赤ちゃんを連れての外出はくれぐれもご注意ください。




当院の産後コースにはセッションが組み込まれています。




単なるインナートレーニングではなく、産後のお母さんに特化したトレーニングです。




今、世界中で行われている研究の数々の中から厳選してお仕えしております。




先日、PubMedで論文検索していると、カイロ大学(エジプト)の方の論文がありまして、非常に興味深いことが書かれていました。




世界を見渡せば、研究者の方々は産後の女性の健康を守るために日々研究をされています。




その恩恵をインターネットで知れるというのは、便利な世の中になったものですね。



さて、8月のセッションがやってきました。




8月28日㈬

12:30~14:30 Day2
テーマ「骨盤底筋群」

a0070928_19295918.jpg


15:00~17:00 Day1
テーマ「ぽっこりお腹」

a0070928_11122572.jpg


【用意していただくもの】

〇動きやすい服装

〇ファイル ※前回にお渡しした方のみ

〇フェイスタオル

※便宜上、テーマを設けてありますが、Day1とDay2でコア機能の回復が完成します。どちらか一方だけのご受講はご遠慮願っております。



a0070928_00265104.jpg
a0070928_12595207.jpg
a0070928_12594034.jpg

by firtreeSeikotsu | 2019-07-26 20:45 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_00062871.jpg

だんだん暑くなってきましたね。




産後ケアのパイオニア、FirtreeLaboもますます熱く皆様をサポートしています!





さて、7月のセッションのご案内です。



ご予約をいただこうにも、キャンセル待ちの状態が続いており、誠にご迷惑をおかけしています。




セッションは当院だけの試みで、みなさまに知識をつけていただいて、インターネットなどにあふれる情報から、正しいものを選択できるようになってもらっています。



このような取り組みは日本広しといえど、ほぼないと思います。



2019年7月24日㈬

Day1 ぽっこりお腹を解消しよう!
12:30~14:30

Day2 骨盤底筋を鍛えよう!
15:00~17:00


【用意していただくもの】

〇動きやすい服装

〇ファイル ※前回にお渡しした方のみ

〇フェイスタオル

※便宜上、テーマを設けてありますが、Day1とDay2でコア機能の回復が完成します。どちらか一方だけのご受講はご遠慮願っております。




a0070928_11122572.jpg


a0070928_01035260.jpg

a0070928_20060287.jpg












by firtreeSeikotsu | 2019-07-07 14:04 | 産後トータルケア | Comments(0)
a0070928_01145329.jpg

こんにちは。




今回はテレビ放送されたテーマからです。





『〇けしの家庭の医学』という番組がありますね。普段はほとんど見ないのですが、たまたまテレビがつけてあったので、見ていました。





そこには耳慣れない『下部肋骨疼痛症候群』という言葉が出ていました。




a0070928_01294977.jpg


患者さんは腹部に鋭い痛みを訴えて病院へ行きました。






徒手検査をしても分からない。






CTやMRIなど画像でも原因が特定できない。もちろんレントゲンでも分かりません。






神経的なものでもない。






なかなか痛みがひかず、どんどん悪くなるので、その患者さんは別の病院へ行きました。






そしてセカンドオピニオンの先生が見つけました。


a0070928_01293688.jpg



問診で「子供の寝顔を見るのが楽しみだ」という患者さんの一言からでした。


a0070928_01292508.jpg




おそらく患者さんは添い寝をして、同じ方向にばかり寝ているのではないのか?と先生は推測したのです。







やはり、原因は子供の添い寝をしていて、片方の側臥位(横向けに寝る姿勢)を取っていたことによる「真肋と肋軟骨のズレ」でした。







下の絵にある〇を見てください。

a0070928_01204082.jpg

これは肋軟骨(軟骨でできている肋骨)と肋骨(通常の白い骨)のつなぎ目です。







ここはよくずれる場所で当院でもよく扱います。






スポーツで衝突したり、スキーやスノボで転倒したり、またはゴルフのスイングで無理がかかったりなどで、簡単にズレが生じます。






マッサージ店などで強く押されて起こることもあります。






病院での治療とは「痛み止めの注射と、患部に負担をかけない生活指導」でした。






しかし、柔道整復師の資格を持つ当院のスタッフは、ちゃんと整復します。






肋軟骨と肋骨のつなぎ目を整復して、ズレないように処置します。






我々の仕事では特別驚くことではないのですが、痛みが「腹痛」に感じていて、無駄に内科に行ってしまったことでした。






いくら当院で扱う障害であるからといって、患者さんが腹痛と感じて整骨院に来院しようと思いもよらなかったら、扱えるのにどうしようもありませんね。






こういう残念な障害も、この現代にはたくさんあると思います。






病院偏重のテレビ放送ですが、このブログを読んで、もっと柔道整復師の仕事のすばらしさを知って欲しいと思います。






by firtreeSeikotsu | 2019-07-02 23:12 | 私の視点 どう考えどう治療するか | Comments(0)